過去の記事一覧

  1. 原因

    妊娠中. 甘いもの と カフェインに注意! [妊娠中毒症]

    妊娠中の方で妊娠中毒症の危険がある方は「カフェイン」は要注意です。また同時に「甘いもの」をたべるとさらに要注意です。日本では…

  2. 経験

    コーヒーをやめて良かった3つ と おまけ1つ.

    紅茶や緑茶はいまでもよく飲むのでカフェインをやめたと言うよりは「コーヒー」を飲むのをやめたと言ったほうが正確です。この記事を書くにあたり…

  3. 経験

    水あめを比較した結果 [ミトク]の玄米由来を購入

    昔ながらの水飴は玄米のデンプンを酵素で分解して作られます。とても自然です。その自然の甘さを体験しようと思い、水あめをいろいろとし…

  4. 経験

    水飴なら赤ちゃんにも [安心] とは限らない. 作り方に注意

    水飴(水あめ)は砂糖が広まる前からある甘味料です。江戸時代には滋養強壮、お腹をあたためたり、咳止めにも使われていました。その…

  5. 経験

    ラカントの甘味料が 安全な理由 [作り方と天然糖]

    「甘味料」にもいろいろな種類があります。仕事柄甘味料の身体への影響をいろいろと見ていますが、もっとも安全なものは現状では「エリス…

  6. 原因

    酒粕を食べると美肌になる理由が判明

    酒粕を食べると「肌のハリ・ツヤがアップする」その理由がわかりました!私は3年前から酒粕をペースト状にして冷蔵庫にいつも保存しています。…

  7. Happiness

    ローチョコレートの 効果は 普通のチョコと違うの?

    ダークチョコレートは有名ですが「ローチョコレート」という特別なチョコレートがあります。普通のチョコと何が違うのでしょうか?なにか…

  8. 原因

    妊娠中に甘味料としてオススメなのは

    妊娠中に人工甘味料を心配する方もいますが、毎日少量を摂ったとしてもお腹の赤ちゃんに「奇形」や「見た目の影響」はありません。だから…

  9. 原因

    デキストリンで便秘がすべて解消されるわけではない

    便秘のタイプには原因からみて大きく2つあります。「便」に問題がある場合と「腸管」に問題がある場合です。デキストリンは便秘解消に結…

  10. 経験

    甘味料として赤ちゃん 子供におすすめはこの5つ

    味覚は子供の将来に大きく影響します。赤ちゃんや「小学校就学前」の子供は味覚が発達中です。甘味料の量、バランスを変えること…

おすすめ記事

PAGE TOP