1. 経験

    砂糖の代わりになる甘味料を比べてみた

    砂糖に代わる甘味料として「ラカントS」「パルスイート」「ステビアヘルス」の3つの甘味料を比較してみました。いづれも砂糖よりもカロリーはカットしてあるため、砂糖と置き換えて使うことができます。ではこの3つの特徴は?選ぶ基準は?成分、価格、使い方カロリーから見ていきましょう。3つの甘…

  2. 経験

    塩酒粕と塩こうじをまぜた発酵調味料をなめた結果.

    「塩酒粕」は、赤ちゃんの「離乳食」にも使うことができます。アルコールはすべてとばしてあるからです。塩酒粕は「酒粕ペースト」ともいいます。…

  3. 経験

    甘酒を赤ちゃんに いつから あげれる? [離乳食の目安]

    「甘酒」は赤ちゃんからシニアの方までだれが飲んでも大丈夫です。ただし甘酒に大きく2種類あるため、誰が飲んでもよいのは「アルコール無し…

  4. 経験

    オロナミンCは妊娠中に大丈夫? [カフェインと陣痛]

    オロナミンCの成分を見ると元気の出るものがたくさん入っています。「ビタミン系」はたっぷりと入っており、「はちみつ」も入っています。…

  5. 神経難病

    コーラが子供の体に与える影響 [ブドウ糖果糖液糖 砂糖 カフェイン]

    コーラには子供の成長に必要な「栄養素」は一切入っていません。砂糖と果糖ブドウ糖液糖を多く含むためとてもカロリーが高くソーダをよく飲む子供…

  6. 経験

    スクラロースと砂糖のクッキーを比べてみた [発酵バター系]

    妊娠中で血糖値を上げたくない方、糖質制限している方、なるべく糖質の少ない「お菓子」が良い方、「SUNAO」というクッキーをご存知でしょうか?…

  7. 神経難病

    赤ちゃんに玉ねぎの甘味は大丈夫? [ケルセチンが脳にも影響]

    赤ちゃんの離乳食によーく火を加えた「玉ねぎ」は大丈夫です。玉ねぎの甘味は天然糖です。さらにケルセチン(クェルセチン、Querceti…

  8. 経験

    砂糖よりも みりん を赤ちゃんの食に取り入れる

    赤ちゃんの離乳食に「みりん」を使っても良い?まずは結論から言うと味覚が発達する時期なので「みりん」は使わずに「素材の甘さ」を味あわせて…

  9. 原因

    腸の不調を治す食事 [天然糖が鍵]

    腸の不調にもいろいろあり潰瘍性大腸炎の場合には「天然糖質」が病態を改善するカギとなります。残念ながら潰瘍性大腸炎の原因はわかりません…

  10. 経験

    コーヒーで眠りが浅くなる原因は2つ

    コーヒーは認知症に良いとか血糖値の上昇を防ぐとかダイエットや痩せるのに効果的などいろいろな効能が言われていますが、結局コーヒーって身…

おすすめ記事

PAGE TOP