天然糖質から認知症を予防

日本は世界でも一番の認知症大国です。

世界とくらべた結果、意外な国が二番だった。

今後
今よりも状況は
悪くなるのは確実です。

どうしたら
認知症を
減らすことができるのか?

個人的に
研究は続けていますが、
日本の認知症
世界の認知症を
ここ数カ月で
減らすことは
残念ながらできません。

しかし



現状を見ているだけには変わらない。

なにか
私にできることで
社会に対して行動しよう!

そのために
このサイト「babybrainI」を作りました。

詳細はプロフィールをみてください。



「認知症の脳」で起こっていること

認知症で亡くなった方の脳は
年齢よりも
小さくなってます。

ただし
脳全体が
小さくなっているのではありません。

ある部分だけが
特に小さくなっています。

「記憶」に大切な場所
「意思決定」をする場所
また
「感情を抑える」場所などです。

逆に運動を司る部分は
損なわれていないため、
「徘徊など」がおこってきます。



認知症、予防のために!

3つのアプローチを紹介しています。
(食)とは食事
(動)とは運動
(心)とはこころです。

できることから
はじめましょう。

一日だけでもいいじゃないですか!
やらないよりは。

〇(食)脳の代謝をあげて認知症予防

〇(食)自然の砂糖で認知症予防

〇(食)慢性炎症を4週間で改善し認知症予防

〇(食)お腹から認知症の予防

〇(心)月のリズムを生かした認知症予防



認知症かも?という方に

〇 簡単な認知症チェック

〇 パートナーが認知症かも





認知症の方・ご家族の方に

アルツハイマー病

〇 臨床試験(治験)で尋ねる5つの質問

〇 4つの治療薬を超簡単に分類



脳血管性認知症
〇 突然吐いてバタッと倒れた



レビー小体型認知症
〇 免疫療法の現状

〇 原因と蓄積タンパク質

〇 パレイドリアテストで幻視・錯視を診断する





認知症の豆知識 

〇 薬剤性パーキンソニズム

〇 ビタミンD

〇 パーキンソン病(原因、治療法

〇 慢性炎症
〇 脳の しあわせ スイッチ

〇 脳内オートファジーとは

おすすめ記事

PAGE TOP