プロフィール

私は神経科学の研究者です。
趣味で
「発酵食品」を作っています。

認知症の治療や
予防をするうえで
毎日の「食」は
とても大切です。

例えば
パーキンソン病では
症状のでる数年前から
脳のある部位に異常が起こっています。
鼻と腸です

正確には
匂いの「嗅球」と
腸を仕切っている「脳幹の背中側」です。

つまり
外から入ってくる「匂い」
と「食べたもの」

影響しているということです。

実際に、
「農薬」の中の
ロテノン、パラコートは
パーキンソン病様の
症状を引き起こします。

自然に

「安全なコメ」、
「安心できる野菜や果物」を
意識するようになりました。

来てくれた方、
認知症の方や
介護をされている方の
役にたてれば
うれしいです。



私の経験を
もっと知りたいというかたは
以下をどうぞ。


100歳になっても
チームの一員として貢献する。

得意分野
脳内オートファジー専門家

好きなこと
創造すること
子供たちとの適度なサッカーとバトミントン

playing-child-kids

所属している学会

日本神経病理学会(2000年-現在、評議員)
日本神経科学会(2000年-現在)
日本免疫学会(2009年-現在)
日本生化学会(2016年―2017年)












体験と願い
職場では
認知症で亡くなられた
患者さんの脳組織を扱う機会も多いです。

この人の人生は
どんな人生だったのだろうか。

最後は記憶が薄れ、
どんなに不安だっただろう。

思わずそんな思いを抱きます。



私の専門は脳の神経科学です。
神経内科医、
病理医、法医学医や精神科医と
共同して認知症を防ぐ
有効な方法を探しています。

そんなある日、
認知症(レビー小体病)で
亡くなった方の
脳組織の中にだけ、
ある異常な物質
見出しました。

かなり病気の早期から
起こっている異常です。

検出方法も簡単です。
もちろん
論文として報告しました。



しかし
もっと簡便に
血液、唾液、尿などから
この異常を検出できないと
現実的には使えません。

「早期に異常を検出し、
早期に治療を開始する」

あと数年でこの思いを現実にしたい。

治療方針は
できるだけ
「自然の恵み」を生かすことで
「自己治癒力」を高め、
「根本から病態を改善する」。

これが理想です。
現代の医療費の問題、
医療格差もなくなります。

日常から「自然の恵み」を摂取することで
予防につながります。

そんなことできるの?




わたしも当初
そう思っていました。

ところが
ここ数年で
グングンと
この理想的な治療方針が
現実的になってきました。

自然の恵みとは
「天然の糖質」です。

天然の糖質を摂ることで
身体に
もともと
備わっている働き、
「オートファジー」が活性化
したのです。

私たちを含めて
世界で複数のラボから報告が出始めました。
アメリカ、
ヨーロッパ、
アジアなど。

天然の糖質 トレハロースとは。

脳内オートファジーとは。



日々の研究
と同時に
最新の情報を
共有するために
生まれたのがこのサイトです。

(特許などが関わる場合には
ぼかして書くことにしています。)



将来の夢は
赤ちゃんのような柔軟な頭をもちつつ
思慮と分別のある100歳。
目指すはBabyのようなBrainです。

そのために
「日常」できることから
一緒に始めましょう。

情報を必要としている方に
あなたから
情報を届けてあげましょう。

コンピューターに詳しくないため
足りないところだらけの
サイトです。
コメントやアドバイス大歓迎です。

情報だけ届けても
治らないんだったら意味がないよ!
そういう方はこの記事をご覧ください。

おすすめ記事

PAGE TOP