経験

  1. スクラロースが赤ちゃん 子供に危険なわけ [特にスナック菓子]

    スクラロースは2000年に日本でも認可された比較的新しい甘味料です。スクラロースは世界中で使われており摂取量に制限はありますが、安全…

  2. カボチャは妊娠中でも大丈夫? [ビタミンAと糖質]

    かぼちゃの煮物が大好きなのでよく作ります。ホクホクでとても甘い時は幸せな気分になります。カボチャには「ビタミンA」が含まれています。…

  3. 砂糖の代わりになる甘味料を比べてみた

    砂糖に代わる甘味料として「ラカントS」「パルスイート」「ステビアヘルス」の3つの甘味料を比較してみました。いづれも砂糖よ…

  4. 塩酒粕と塩こうじをまぜた発酵調味料をなめた結果.

    「塩酒粕」は、赤ちゃんの「離乳食」にも使うことができます。アルコールはすべてとばしてあるからです。塩酒粕は「酒粕ペースト」ともいいます。…

  5. 甘酒を赤ちゃんに いつから あげれる? [離乳食の目安]

    「甘酒」は赤ちゃんからシニアの方までだれが飲んでも大丈夫です。ただし甘酒に大きく2種類あるため、誰が飲んでもよいのは「アルコール無し…

  6. オロナミンC 妊娠中に飲めるの? [カフェインと陣痛]

    オロナミンCの成分を見ると元気の出るものがたくさん入っています。「ビタミン系」はたっぷりと入っており、「はちみつ」も入っています。…

  7. スクラロースと砂糖のクッキーを比べてみた [発酵バター系]

    妊娠中で血糖値を上げたくない方、糖質制限している方、なるべく糖質の少ない「お菓子」が良い方、「SUNAO」というクッキーをご存知でしょうか?…

  8. 砂糖よりも みりん を赤ちゃんの食に取り入れる

    赤ちゃんの離乳食に「みりん」を使っても良い?まずは結論から言うと味覚が発達する時期なので「みりん」は使わずに「素材の甘さ」を味あわせて…

  9. コーヒーで眠りが浅くなる原因は2つ

    コーヒーは認知症に良いとか血糖値の上昇を防ぐとかダイエットや痩せるのに効果的などいろいろな効能が言われていますが、結局コーヒーって身…

  10. カフェオレにデキストリンが はいっているのはなぜ?

    コーヒーやカフェオレに「デキストリン」が入っています。「デキストリン」って甘くするために入っているの?実はデキストリンは糖質…

PAGE TOP