経験

  1. カフェインが血糖値を上げていた. [1週間の体験から]

    以前コーヒーを飲まなくなって「10ヵ月」経ったときの体の変化を紹介しました。今回は毎日飲んでいた紅茶と緑茶のカフェイ…

  2. 甘いものを食べ過ぎた時 むくみをとるオススメの食材は?

    甘いものを多くとると翌日に体がむくみ、靴が履きづらい。瞼が重いなどなど。私は2日前おはぎをパクパクと食べたため昨日の朝、顔がむく…

  3. 水あめを 玄米 から手作りした結果. [子供たちの反応は意外!]

    ついに水あめを作りました。結果は思っていた味とはかなり違い少し酸味があるにごった水あめでした。参考までに手作り水あめの経過報告で…

  4. 妊娠中 お菓子 として甘いものを食べたくなったら

    妊娠すると不思議なことに味覚が変化します。また匂いの好みも変わります。普段よりも酸っぱいものが欲しくなったり、甘いものは普段…

  5. 妊娠以外でもサンマの蒲焼がおすすめな理由. [特に 栄養的にも この会社は断トツ…

    以前、缶詰にするなら「サバ缶」よりも「イワシ缶」をおすすめという記事を書きました。缶詰のコスト面、栄養面、安全面から…

  6. 赤ちゃんに お菓子 はいつから? [水飴は昔 母乳代わりに使っていた]

    赤ちゃんに歯がはえはじめて離乳食の時期になれば自然な「甘いもの」をあげて味覚を育ててあげましょう。おすすめは米と麦芽を原料とする「水…

  7. 妊娠中. 甘いもの と カフェインに注意! [妊娠中毒症]

    妊娠中の方で妊娠中毒症の危険がある方は「カフェイン」は要注意です。また同時に「甘いもの」をたべるとさらに要注意です。日本では…

  8. コーヒーをやめて良かった3つ と おまけ1つ.

    紅茶や緑茶はいまでもよく飲むのでカフェインをやめたと言うよりは「コーヒー」を飲むのをやめたと言ったほうが正確です。この記事を書くにあたり…

  9. 水あめを比較した結果 [ミトク]の玄米由来を購入

    昔ながらの水飴は玄米のデンプンを酵素で分解して作られます。とても自然です。その自然の甘さを体験しようと思い、水あめをいろいろとし…

  10. 水飴なら赤ちゃんにも [安心] とは限らない. 作り方に注意

    水飴(水あめ)は砂糖が広まる前からある甘味料です。江戸時代には滋養強壮、お腹をあたためたり、咳止めにも使われていました。その…

PAGE TOP