最終更新日: 2020.11.11

酒粕を子供はいつから食べても大丈夫?

酒粕は名前の通り
「酒」が入っているため、
結論から言うと
「酒粕」は子供が食べるとダメです。

アルコールがたっぷりと
入っています。

しかし
酒粕ではなく
「塩酒粕」であれば
子供に全く問題ありません。
赤ちゃんでも大丈夫でしょう。

塩酒粕の作り方は簡単ですが、
1つだけこだわりポイントがあります。

酒粕ではなく塩酒粕を作る理由

酒粕は赤ちゃんはもちろん
子供もダメです。

ただし
「酒粕」のまま使うのではなく
「塩酒粕」を作れば
子供も赤ちゃんにも大丈夫。

塩酒粕を作る理由には
2つあります

●アルコールを飛ばすため
●使いやすいため

1つは子供や赤ちゃんでも
食べれるように
「アルコールを飛ばすため」。

もう一つは
塩酒粕の方が「使いやすいため」です。

めんどくさがりやの
私は
酒粕をつまんで
料理の中に入れる
これさえめんどう。

手に酒粕がつくからです。

お箸やスプーンを使って酒粕を入れると
お箸やスプーンを洗わなければいけません。

一方、
塩酒粕にしておけば
タッパからスプーンで塩酒粕を
ドバッと取り
そのまま料理や味噌汁などに
ドカっと入れ
スプーンで
かき混ぜておしまいです。



塩酒粕の作り方

「塩酒粕」の作り方は
なんどもご紹介しているので
手短にポイントだけ。

買ってきた酒粕と
同じ量の水を沸かします。

400グラムであれば
400グラムのお湯を準備します。

そこに塩を入れます。
塩の量は
「なめてしょっぱい程度」です。

酒粕を1袋全部投入し
後はヘラでかき混ぜながら
酒粕を溶かします。

ペースト状になってきたら
湯気の香りを嗅いでみてください。

アルコール臭がしたら
酒粕から
アルコールが抜けてきている証拠です。

このアルコール臭が
しなくなったときには
すべてのアルコールが飛んでいます。

アルコールは約80度で
飛んでいきます。

火加減にもよりますが
おおよそ15分、
クツクツとしたら
全てのアルコールは飛びます。



塩酒粕の作り方のコツ

塩酒粕に使う「塩」
こだわったほうがいいです。

塩酒粕全般の味は
「塩」で決まります。

現在、私は土佐の天然塩を使って
塩酒粕を作っています。

カルシウムを多く含む塩は
まろやかな甘みがあり
「塩酒粕」の味も
まろやかな味となります。



酒粕はいつから子供に大丈夫?

上に書いたように
酒粕はアルコールが入っているため
体はポカポカと
温まるかもしれませんが
子供には避けましょう。

おそらく
子供はあまり酒粕の料理は
好きじゃないかもです。
実際、私がそうでした。

しかし
酒粕ではなく
「塩酒粕」であれば話は別です。

アルコールはありませんし
成分は米、アミノ酸、ミネラル、
ビタミンなどになってきます。

つまり
赤ちゃんの離乳食
少し混ぜることもできます。

子供であれば
野菜炒め、スープ、
味噌汁などに
塩酒粕を入れることもできます。

塩酒粕であれば
まず酒粕の香りはしません。

味噌汁に塩酒粕を入れれば
普通の味噌だけよりも
味が濃くなり
子供も美味しく感じるはずです。

私の家では塩酒粕を入れると
子供たちはすぐにわかるようで
味噌汁の「おかわり率」がアップします。



酒粕は子供に大丈夫?のまとめ


Point

●酒粕はダメ
塩酒粕は大丈夫。

今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

今月のおすすめ

PAGE TOP