エリスリトール や ラカントS は 赤ちゃん, 子供, や 妊婦さん でも大丈夫?

エリスリトールを主成分とする
「ラカントS」は
糖尿病患者の方や
糖質を制限している方にお勧めです。

赤ちゃんや子供の場合にも使えます。
ただし
下痢がみられたら量が多すぎるということです。

エリスリトールは
ひょっとして体に悪いの?









エリスリトールは自然の食物に入ってる?

エリスリトール、erythritolは
糖アルコールの一種です。

「自然の」エリスリトールは
メロンやブドウなどの果実
キノコ
さらに
ワイン、清酒、
醤油、味噌などの
発酵食品にも含まれています。

「自然の」エリスリトールは
酵母がブドウ糖を分解し、
発酵することで作られます。

つまり「天然の糖」です。



エリスリトールは果物から抽出しているの?

ラカントSなどに入っている
エリスリトールは
抽出しているわけではありません。

エリスリトールを
自然から抽出することもできますが、
手間とお金と時間がかかって
大変です。

メンドウダヨ!

そこで
なんとか
大量にエリスリトールを
作る方法がないかと考え
成功した人(会社)がいます。

ラカントSを販売している
サラヤ株式会社が1998年に
ブドウ糖を発酵させて
エリスリトールを大量に作る方法を
発明しました。

出願番号 : 特許出願平10-250299 出願日 : 1998年7月31日
公開番号 : 特許公開2000-41662 公開日 : 2000年2月15日
出願人 : サラヤ株式会社 発明者 : 五十嵐 敬祐



エリスリトールの3つの特徴

エリスリトールは
体内で消化しないために
カロリーは0 kcal/gです。

甘味度は砂糖の約75-85%です。
すっきりした後味のため、
清涼飲料やお菓子などに
幅広く使われています。

エリスリトールの特徴は
主に3つです。

1 虫歯になりにくい。

「キシリトール」の項目で
詳しく書く予定です。

書きました。
あんまり宣伝されていませんが、
エリスリトールの方が
キシリトールより
虫歯予防効果が強いことが判明。
以下のサイトです。

エリスリトールは
アセスルファムKや
スクラロース
(パルスイート)などと比べて
はるかに安全です。

ただ
下痢をおこしている赤ちゃんや子供は
エリスリトールが原因かもしれません。



前述したように

2.カロリーゼロ

なので血糖値を上げません。

そのため
糖尿病患者の方や
糖質を制限している方にも
お勧めされています。

3.下痢を起こしにくい。

エリスリトールを含め
糖アルコールを
多量摂取すると、
下痢を起こすことが知られています。

ただ
エリスリトールは
最も下痢を起こしにくい
糖アルコールです。


Point

●カロリーはゼロ
●虫歯になりにくい
●天然製法で安全



ラカントSの主成分はエリスリトール

「ラカントS」の
主成分はエリスリトールです。

ラカンカ(羅漢果)が主成分ではありません。

羅漢果とは
ウリ科の多年生つる植物で、
きわめて強い甘味を持ちます。

羅漢果は
最も安全な低糖質甘味料であると言われており、
古くから
あらゆる病の予防と治療に効果を発揮する
「長寿の神果」として伝えられていました。

羅漢果は
栽培が難しく、
今は”保護植物”に指定され、
中国政府が
生の果実の国外持ち出しを禁止しています。

「羅漢果」の
高純度エキスは
砂糖の約300倍の甘さがあります。

繰り返します。
「羅漢果」は
スバラシイ果物なのですが、
ラカントSの主成分は
「羅漢果、ラカンカ」ではありません。

エリスリトールです。

羅漢果エキスを注文してみた結果・・・



ラカントSは赤ちゃん注意!

「ラカント」を販売している
SARAYAサラヤホームページに書いてあるように

「妊娠中の方」や
「赤ちゃん」に対して
ラカントSの大量の摂取は
控えましょう。

以下、ラカントを販売している
SARAYAサラヤホームページより引用。

「ラカント」の主成分である「エリスリトール」は、単回経口投与、反復経口投与、生殖毒性、変異原性・抗原性試験(アレルギー性試験)、および代謝試験などが実施されており、安全性は証明されておりますのでご安心ください。
ただし、妊娠中は普段口にされている食品でも体調を崩される方もいらっしゃることから、心配な方はご利用時には担当の医師にご相談されることをおすすめします。

市販の加工品には
たいてい何らかの
甘味料が使われています。

甘味料の中で
比較的
安全なものは
このエリスリトール

トレハロースです。

理由は2つあります。
1つ目は
自然にある天然糖だからです。

2つ目は作り方が
人工合成ではなく
醗酵法
もしくは
酵素法を使っているからです。

それ以外の甘味料は
大量につくるために
工業的(合成)に作られています。

エリスリトールの安全性については
以下の論文を参考にしました。

妊婦さんにおすすめの甘味料は?

赤ちゃん、子供におすすめの5つの甘味料は?

Gastrointestinal response and plasma and urine determinations
in human subjects given erythritol.
Bornet FR, Blayo A, Dauchy F, Slama G.
Regul Toxicol Pharmacol.24(2 Pt 2):S296-302.

Erythritol: a review of biological and toxicological studies.
Bernt WO, Borzelleca JF, Flamm G, Munro IC.
Regul Toxicol Pharmacol. 24(2 Pt 2):S191-7.

エリスリトールの安全性などを
まとめました。

ちなみに
もっとも
わたしがおすすめする甘味料は

発酵食品の「甘酒」と「水飴」です。

どちらもアルコールはゼロです。
天然糖質でオリゴ糖もたっぷり。

もちろん
赤ちゃんや子供もオッケーです。

甘酒をつくろうと思ったらカビが!食べても大丈夫?



今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

おすすめ記事

PAGE TOP