腸内環境

  1. シンバイオティクスは赤ちゃんにも効果ある?

    プロバイオティクスとは乳酸菌やビフィズス菌などを含めた腸内細菌入り食品です。一方「プレバイオティクス」はオリゴ糖や食物繊維など細菌の…

  2. シンバイオティクスで認知症を含む神経症状も軽減する可能性.

    長寿になっても健康な人の腸内では2種類の菌が多いことがわかっています。ビフィズス菌と酪酸菌です。一方、神経変性やアレルギーの患者さん…

  3. お母さんの腸内環境が赤ちゃんに特に影響するのは 妊娠中? 授乳中?

    腸内細菌学会に行っていろいろな情報に触れてきました。普段はあまり行かないような演題も聞いてきました。特に「腸内環境と母子の関係」はお…

  4. 発酵食品の代謝産物が慢性炎症を抑える. [ポストマイクロバイオーム]

    玄米の米ぬかには腸の過剰な炎症を緩和することがわかっています。今回、腸内細菌学会で慶応大学の人が さらに詳細な検討をしていました。…

  5. 認知症の原因にも腸内細菌や口腔内細菌が関わっている. [学会に参加しての体験]

    今回腸内細菌学会に初めて参加しています。私にとっては新しいことばかりで今日1日目だったのですが頭がパンパンになりました。…

  6. コカ・コーラ新製品から人工甘味料が消えた? [最も多い甘味成分はなに?]

    2019年6月10日から夏の間だけ「コカ・コーラ クリア ライム」が発売されます。コカ・コーラ クリアライムには人工甘味料が…

  7. 発酵と [くさる] は何がちがう?食べ物だけじゃなく赤ちゃんや子供の皮膚も腐敗させる.

    梅雨の時期になるとジメジメ感が増し食べ物が腐ることが多いです。また気をつけないとすぐにカビが生えてしまいます。自家製ヨーグルトや甘酒、…

  8. スタバに甘酒入りフレペチーノがでる日も近い. 発酵食品入りドリンク新作で登場.

    発酵フラペチーノはヨーグルトでした。2019年6月19日からスタバで新作フラペチーノが登場します。名前がなんと「発酵フラペチーノ」です。…

  9. 慢性炎症の原因は腸のカビかもしれない. [悪玉酵母]

    腸内の細菌は「腸内細菌」です。腸内にはカビもいます。私は知りませんでした。「腸内カビ」です。腸内カビはどんな種類なんでしょう?ど…

  10. 大豆たんぱく質を効率よく吸収する料理の組み合わせは?

    認知症を防ぐためには筋肉が大切です。筋肉は主にタンパク質でできています。そこでタンパク質を多くとればいいかというと必ずしもそ…

PAGE TOP