腸内環境

  1. ソルビトールは添加物として危険なの?

    ソルビトールは「ソルビット」とも言います。ソルビトールは「食べ物」や「化粧品」にも使われています。また実際に「下剤」としても使われて…

  2. 甘酒を赤ちゃんに いつから あげれる? [離乳食の目安]

    「甘酒」は赤ちゃんからシニアの方までだれが飲んでも大丈夫です。ただし甘酒に大きく2種類あるため、誰が飲んでもよいのは「アルコール無し…

  3. 赤ちゃんに玉ねぎの甘味は大丈夫? [ケルセチンが脳にも影響]

    赤ちゃんの離乳食によーく火を加えた「玉ねぎ」は大丈夫です。玉ねぎの甘味は天然糖です。さらにケルセチン(クェルセチン、Querceti…

  4. カフェオレにデキストリンが はいっているのはなぜ?

    コーヒーやカフェオレに「デキストリン」が入っています。「デキストリン」って甘くするために入っているの?実はデキストリンは糖質…

  5. 妊娠中 お菓子 として甘いものを食べたくなったら

    妊娠すると不思議なことに味覚が変化します。また匂いの好みも変わります。普段よりも酸っぱいものが欲しくなったり、甘いものは普段…

  6. 赤ちゃんに お菓子 はいつから? [水飴は昔 母乳代わりに使っていた]

    赤ちゃんに歯がはえはじめて離乳食の時期になれば自然な「甘いもの」をあげて味覚を育ててあげましょう。おすすめは米と麦芽を原料とする「水…

  7. 酒粕を食べると美肌になる理由が判明

    酒粕を食べると「肌のハリ・ツヤがアップする」その理由がわかりました!私は3年前から酒粕をペースト状にして冷蔵庫にいつも保存しています。…

  8. 妊娠中に甘味料としてオススメなのは

    妊娠中に人工甘味料を心配する方もいますが、毎日少量を摂ったとしてもお腹の赤ちゃんに「奇形」や「見た目の影響」はありません。だから…

  9. デキストリンで便秘がすべて解消されるわけではない

    便秘のタイプには原因からみて大きく2つあります。「便」に問題がある場合と「腸管」に問題がある場合です。デキストリンは便秘解消に結…

  10. 腸のバリア機能低下 [最新のパーキンソン病研究結果より]

    パーキンソン病患者さんでは 腸内の環境が早期から変化していることがわかっています。一方、日本人と外国人の腸内細菌が違うこともわかって…

PAGE TOP