対処方法

  1. 甘いものを食べ過ぎた時 むくみをとるオススメの食材は?

    甘いものを多くとると翌日に体がむくみ、靴が履きづらい。瞼が重いなどなど。私は2日前おはぎをパクパクと食べたため昨日の朝、顔がむく…

  2. 妊娠中 お菓子 として甘いものを食べたくなったら

    妊娠すると不思議なことに味覚が変化します。また匂いの好みも変わります。普段よりも酸っぱいものが欲しくなったり、甘いものは普段…

  3. 妊娠中. 甘いもの と カフェインに注意! [妊娠中毒症]

    妊娠中の方で妊娠中毒症の危険がある方は「カフェイン」は要注意です。また同時に「甘いもの」をたべるとさらに要注意です。日本では…

  4. 酒粕を食べると美肌になる理由が判明

    酒粕を食べると「肌のハリ・ツヤがアップする」その理由がわかりました!私は3年前から酒粕をペースト状にして冷蔵庫にいつも保存しています。…

  5. デキストリンで便秘がすべて解消されるわけではない

    便秘のタイプには原因からみて大きく2つあります。「便」に問題がある場合と「腸管」に問題がある場合です。デキストリンは便秘解消に結…

  6. 甘味料として赤ちゃん 子供におすすめはこの5つ

    味覚は子供の将来に大きく影響します。赤ちゃんや「小学校就学前」の子供は味覚が発達中です。甘味料の量、バランスを変えること…

  7. ALSの治療に 新たな選択肢 が加わってほしい

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬は現在実質2つしかありません。新しい薬剤を市場に出すために日本の製薬会社が動きました。ど…

  8. ヨーグルトの日 にお手軽な発酵食品を試してみては? [味覚をアップ]

    5月15日はヨーグルト研究の大家ロシアの「メチニコフ博士」が生まれた日です。そのため、明治乳業が5月15日を「ヨーグルトの日」と名付けま…

  9. 記憶力が上がる食べ物 [子供の頃から始めればもっと効果ありな習慣です]

    「頭や記憶を良くする食べ物」がわかりました。なんや!そのカギは「乳酸菌」が握っています。乳酸や酢酸のような「…

  10. 植物性タンパク質の効果は 脳血管系 にでてくる. [認知症も予防?]

    タンパク質は筋肉を作ってくれると同時にエネルギーの元にもなります。「糖質」は最近「糖質制限」という名前で避けられる傾向にありますがそ…

PAGE TOP