対処方法

  1. 酒粕にも含まれる幸せ物質のもと

    あなたの身体からの大きな便り「Ben」をみると身体の色々なことがわかります。体調がすぐれない方、以下の症状がある方はまず幸せホル…

  2. サラシアは妊娠中の高血糖を防ぐ

    血糖値が食後にドカーンと上がる人は糖尿病の予備軍だといわれています。「血糖値スパイク」といいます。スパイクとは「跳ね上がる」という意…

  3. 糖質を食べ過ぎたら 肌のかゆみがでた. [その対処法]

    皮膚がかゆい、発疹がある。これらは肌の1番表層に「炎症」が起こっている証拠です。特に「慢性炎症」です。どういう時にこのか…

  4. 光免疫療法の2021年の課題と臨床試験

    光免疫療法が「2020年には臨床でつかえる」が実現した今。次は使えるガンの適応を増やすことです。そのためには以前から書い…

  5. 甘いものを食べ過ぎた時 むくみをとるオススメの食材は?

    甘いものを多くとると翌日に体がむくみ、靴が履きづらい。瞼が重いなどなど。私は2日前おはぎをパクパクと食べたため昨日の朝、顔がむく…

  6. 妊娠中 お菓子 として甘いものを食べたくなったら

    妊娠すると不思議なことに味覚が変化します。また匂いの好みも変わります。普段よりも酸っぱいものが欲しくなったり、甘いものは普段…

  7. 妊娠高血圧 でカフェインと 甘いもの 同時にとるのは危険

    妊娠中は普段血圧に異常がない人でも血圧が高くなりがちです。普段から少しでも血圧が高い人は「妊娠高血圧症」の危険があり「カフェイン」は要注意で…

  8. 酒粕を食べると美肌になる理由が判明

    酒粕を食べると「肌のハリ・ツヤがアップする」その理由がわかりました!私は3年前から酒粕をペースト状にして冷蔵庫にいつも保存しています。…

  9. デキストリンで便秘がすべて解消されるわけではない

    便秘のタイプには原因からみて大きく2つあります。「便」に問題がある場合と「腸管」に問題がある場合です。デキストリンは便秘解消に結…

  10. 甘味料として赤ちゃん 子供におすすめはこの5つ

    味覚は子供の将来に大きく影響します。赤ちゃんや「小学校就学前」の子供は味覚が発達中です。甘味料の量、バランスを変えること…

PAGE TOP