ステビアは妊娠中に摂取しても安全? [甘味成分は何?]

ステビアは、
砂糖よりも242倍甘く
100%天然の糖質です。

ステビアは血糖値を上げないため、
糖代謝異常のある方には
良いと思います。

妊娠中には
ステビアはだめという文献が
ありましたが
実のところ
どうなんでしょう?



ステビアは天然の甘味料

ステビアは南米原産
特に
パラグアイでは
昔から栽培されていました。

ブラジルでは
マテ茶の甘味料として
使われていました。

キク科の多年生植物の葉からとれます。

砂糖よりも242倍甘いため
砂糖の20分の1程度の量で
同じ甘みをつけることができます。

そのため、
糖質を約95%カットでき
カロリーは半分以下にすることができます。

現在
ステビアは
カナダ、
アジア、
ヨーロッパなどでも栽培されています。



ステビアの甘味成分は?

ステビアの糖質は
砂糖や麦芽糖などの
糖質とは違います。

ステビオシド
および
レバウジオシドという
配糖体です。

レバウジオシドは
その構造により
AからEまであります。



ステビアが甘味料として使われている国は?

ステビアの葉からの抽出物は、
甘味料として
日本を含めて
20か国以上あります。
(2019年現在)

韓国、
マレーシア、
台湾、
ロシア、
イスラエル、
メキシコ、
パラグアイ、
ウルグアイ、
ベネズエラ、
コロンビア、
ブラジルおよびアルゼンチンで
使われています。

アメリカでは、
ステビアの葉と抽出物は
甘味料として承認されていません。

ただ
「栄養補助食品」として、
または
スキンケア製品として
使用することができます。

2008年12月、
米国食品医薬品局(FDA)が
ステビアの甘味成分の1つである
「レバウジオシドA」
(上述)を
食品添加物の甘味料として
認めました。



色々な国で認められているということは・・・

ステビア
および
ステビアに含まれる
ステビオシドは
一応
安全とされています

レバウジオシドは、
2年間、
毎日最大1500 mgの用量で
研究で安全に使用されています。



ステビアの欠点・危険性

Stevia rebaudianaの避妊薬としての性質
Science.162(3857):1007 (1968).

約50年前に
ステビアをラットに摂取させて
妊娠率が下がるという論文が
発表されました。

しかし
この論文は
方法や結果の解釈が雑で
再現性も取れなかったことから
信頼性がありません。

現在では
ステビアの妊娠における
悪影響はない
とされています。

ただ
何事もバランスです。
妊娠時には
少々
ステビアを口にしたぐらいでは
まったく問題ありませんが、
毎日
砂糖代わりに
ステビアばかり飲むことは控えましょう

甘酒や
メープルシロップなど
甘味料は他にもたくさんあります。

甘酒をお薦めする理由

甘酒を赤ちゃんにあげるのはいつから?

また
ステビアや
ステビオサイドを
摂取した人の中には、
膨満感や吐き気を
経験する方がいます。

めまい、
筋肉痛やしびれ感も報告されています。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」を押していただければ
うれしいです。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP