最終更新日: 2021.07.31

子供に砂糖の代わりでおススメは?

砂糖の害は
こころ的、
感情的に出てきます。

以前
最新のハエの研究からも
砂糖の害を紹介しました。

少しぐらいなら
砂糖もいいんですよ。

ブドウ糖液糖とか
アイスクリームとか
途中で残すなら。

基本的に量が多い
オトナサイズのものを
子供が食べると。

ということで
ちょっと面倒だけど
家で作るという選択肢が
出てくるわけです。

子供に砂糖の代わりは?

砂糖の代わりは
結論からいって
「水飴」
「100%ジュース」
「メープルシロップ」「はちみつ」

そして
「オリゴ糖」です。

赤ちゃん、幼児へのおすすめ甘味料は?



子供へのオリゴ糖は何がおススメ?

オリゴ糖のなかでも
フルクトオリゴ糖をおススメします。

フラクトオリゴ糖は
数あるオリゴ糖の中でも
最も「甘み」があります。
といっても
砂糖の40ー60%の甘さです。

若干
砂糖に比べると
オリゴ糖は甘さが弱い。

でも子供が美味しそうに食べるなら
それで十分。



フルクトオリゴ糖の利点

なんといっても
オリゴ糖の利点は
「腸内環境を整える」という効果です。

腸内環境は
免疫系、神経系に深くかかわることが
最新の研究でドンドンとわかっています。

お腹が痛いと
気持ちはダウン。
やる気ゼロ。

ちょっとした
お腹の膨満感だけでも
動けません。

腸は「第2の脳」といわれる所以です。



フルクトオリゴ糖をおススメするわけ

オリゴ糖は
フルクトオリゴ糖以外にも
たくさんあります。

ガラクトオリゴ糖
イソマルトオリゴ糖など。

しかし
フルクトオリゴ糖よりも
甘みは少なくなります。

そのため
子供の「砂糖の代わり」に
オリゴ糖の中でも一番甘い
フルクトオリゴ糖をお勧めした理由です。

また作り方も安全です。
テンサイを酵素で
分解して作られています。
合成ではありません。

例えば
日本オリゴの
フルクトオリゴ糖

700グラムで950円(税コミ)

その他、
フルクトオリゴ糖を含む
甘味料もたくさん販売されています。
注意点として
絶対に加熱してはいけない
オリゴ糖入り甘味料があります。
詳細は下の記事で書きました。
いずれ禁止されるはずです。



フルクトオリゴ糖を含む食材は?

フラクトオリゴ糖は
必ずしも市販の製品で
とる必要はありません。

野菜や果物の中にも
含まれています。

特に多いのは
ごぼう玉ねぎバナナなどです。
最近、私はこの玉ねぎから
フルクトオリゴ糖を
上手に引き出す方法を
見つけました。

塩こうじとみじん切りにした玉ねぎを
混ぜ合わせて
室温で放置します。

すると
翌日には
発酵したたまねぎ麹の出来上がり。

手作りスイーツには使えませんが、
味噌汁の出汁として
料理のスープとして
何にでも合います。
味にコクがでます。
お試しあれ。


子供に「砂糖の代わり」のまとめ

「水飴」
「100%ジュース」
「メープルシロップ」「はちみつ」

そして
「オリゴ糖」です。

オリゴ糖の中でも
以下3つの理由から

甘さ、
作られ方、
身体、こころへの効果を
考えてフルクトオリゴ糖です。

今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

今月のピックアップ

PAGE TOP