最終更新日: 2021.01.3

正月におはぎ [小豆の由来]

正月に「お雑煮」と一緒に
「おはぎ」を食べました。

「おはぎ」は
「はぎ、萩」の咲く時期、
つまり秋口
お盆に食べるものと考えられています。

うちでは特に季節に関係なく食べています。

おはぎには「小豆」を使います。

小豆はマメ科なので
昔から「マメ、魔滅」といわれ、
邪気を払い、
無病息災を願うと言う意味も
込められています。

実際に
小正月である1月15日には
小豆を使った
「小豆粥」を食べる地方もあります。

また
この寒い時期に
小豆の栄養成分も見逃せません。

小豆のポリフェノールについては
以前の記事で紹介しました。

「粒あん」と「こしあん」の
どちらにポリフェノールが多いのか?

さらに小豆には
ビタミンB1も多く含まれており
糖質から効率的に
エネルギーを作り出してくれます。

また
ミネラルも多く含まれており
特に鉄分が豊富です。

とくに
冷え性、貧血の人は
小豆を使った料理を
多く取り入れると良いでしょう。

おすすめは
「小豆かぼちゃ」です。

今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

今月のおすすめ

PAGE TOP