お母さんの腸内環境が赤ちゃんに特に影響するのは 妊娠中? 授乳中?

腸内細菌学会に行って
いろいろな情報に触れてきました。

普段はあまり行かないような
演題も聞いてきました。
特に
「腸内環境と母子の関係」
おどろきました。

腸内環境が良くないお母さんの子供は
脳へも影響しており
子供は低活動で、臆病になります

これは
マウスを使った研究ですが、
同じ哺乳類の人間でも起こりうる気がします。



お母さんの腸内環境は子供の脳へ影響する

「母親と子供との関係」は大切なテーマです。
お母さんの腸内環境が子供にまで
影響していると言う発表は驚きでした。

特に
妊娠のときの環境腸内環境ではなく
生まれた後
つまり
授乳しているときの腸内環境が
とても子供に影響する
のです。



具体的な内容

ネズミを使った研究です。

抗生物質により
腸内環境を悪くしたお母さんから
生まれた子供は体重が軽く
また
亡くなる子供が多いのです。

ただ
これだけでは
妊娠中の影響か
授乳中の影響かがわかりません。

そこで
腸内環境を悪くした母親から生まれてきた子供と
普通の母親から生まれてきた子供を
それぞれ交換する実験をしていました。

結果は私の予想とは違いました。

腸内環境を悪くしていた母親から
生まれた子供は
普通のお母さんに育てれるれると
すくすくと大きくなります。

一方
普通のお母さんから生まれた子供が
腸内環境の悪いお母さんに育てられると
低体重で
しかも
性格は臆病になってしまう
のです。

簡単に言うと
「妊娠中」ではなく
「授乳中」のお母さんの腸内環境が
子供に直接影響すると言うことです。



お母さんのなにが子供に影響するのか?

お母さんの子供に対する
「接し方」と「母乳」
子供の成長に大きく関わっていました。

お母さんの心の状態は
お母さんの腸内環境が左右するため
子供へ愛情を与えていないのかもしれません。

実際に
授乳中に死んでしまう子供が
有意に多いのです。

さらに
母乳も成分が異なっていました。

腸内環境の悪いお母さんからのミルクは
あまり良い栄養成分を含んでいません。
そのため
子供の腸内環境の多様性が低くなっていました。

特に乳糖を分解するラクトバチルスという菌が
子供の腸内で少なくなっていました。

腸内環境の多様性が乏しいことが
子供の脳へも影響しており
低活動で臆病になっている原因だと考えられます。



まとめとして

母親の腸内環境が
母親の精神状態と母乳をとおして
子供にまで影響する驚きの結果でした。

ネズミを使った研究でしたが
同じ哺乳類である「ヒト」でも
あながち的外れではないと思います。

ということで
授乳中のお母さんにおすすめは
発酵食品です。

甘酒、みそ汁
納豆、塩こうじ
などなど
どんどんと 摂り入れましょう。

そして
人工甘味料
なるべく避けましょう。

エナジードリンクは要注意!



みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP