最終更新日: 2019.05.28

腸から神経難病を抑える方法は実は簡単だった [食生活が慢性炎症を抑える]

脳腸相関の重要性が
特に
最近注目されています。

私もよく
「食品の栄養成分」に関する記事を書きますが、
ある特定の成分というよりも
「複合的に食事をとらえる」ことが
大切だと思っています。

今回の研究結果は
アレルギー、
神経難病
また
メタボなど病気を予防するためには
日常の食事で
多くの種類の発酵食品を
摂ればいいという根拠
です。

ハエの研究ですが、
なかなか面白い。



通常のハエの寿命は約30日から40日

寿命を伸ばすために
これまで
虫からからヒトまで共通している方法は
「カロリー制限」だけです。

今回は
カロリー制限ではなく
腸内細菌や
腸内細菌サプリなどを
餌として与えることにより
寿命が伸びることがわかりました。

今回、
ハエに与えたエサは
1つはビフィズス菌で
あとの2つは乳酸菌です。

プロバイオティクス混合とは
この3つの菌を混ぜています。

3つの菌の詳細を知りたい方は以下



寿命が延びたもっとも効果的な食べ物は?

乳酸菌を与えると
16日寿命が延びました。

アーユルヴェーダの薬を与えると
14日寿命が延びました。

さらに
3種類の腸内細菌を与えると
24日寿命が延びました。

すべてのものを混ぜた餌を与えると
26日間寿命が延びました。

つまり
単独よりも複合的な効果が
大きく寿命に影響するということです。

このとき同時に
メタボのマーカーとして
トリグリセリドと
血糖値レベルと体重を測定しています。

いずれも
寿命が延びたハエでは値が下がっていました。



トリファラとは

アムラ、ベハダとハルダの
3つの木の実を混ぜたものです。
インドのアーユルヴェーダで
重宝されているそうです。



3種の菌とは?

Lactobacillus plantarum
乳酸菌プランタルム

日本の漬物や
韓国のキムチ
また
ドイツのソーセージ等にいる菌で
塩にとても強い性質があります。

Lactobacillus fermentum
乳酸菌ファーメンタム

Bifidobacteria longum
ビフィズス菌 ロンガム

ロンガムは赤ちゃんの頃から
年寄りになるまで
一生
腸に住み続ける珍しい菌です。

たいていの菌は
年齢とともに変化し
多くの菌は加齢とともに減っていきます

これまで感染予防や
整腸作用
また
免疫力を活性化したりと
いった作用が認められています。

ヤクルト中央研究所の菌の図鑑はとても役立ちます。



この記事は
サイエンティフィックレポートという雑誌に
掲載された研究です。

最近とても面白い論文を多く掲載しています。
2018年
サイエンティフィックレポートで
最も読まれた論文の第26位でした。

Longevity extension in Drosophila
through gut-brain communication
Scientific Reports 8,
Article number: 8362 (2018)

結論
多くの発酵食品を摂りましょう。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ


人気ブログランキング

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP