トランス脂肪酸は少々なら大丈夫という政府の方針. 世界では全廃です.

約4年前2015年6月に
アメリカは
国内のトランス脂肪酸を
2018年6月までに全てなくすと発表しました。

さらに
2015年7月に
カナダがトランス脂肪酸を全てなくすことを発表しました。

この流れは
ヨーロッパでも同じです。



では日本はトランス脂肪酸に関してどうでしょう?

2015年当時
日本の厚生労働省は
トランス脂肪酸の摂取量が
日本は少ないため
このままで大丈夫と言っていました。

さて
その後
トランス脂肪酸に対する態度に
変化はあったのでしょうか?

厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091319.html

サイトに行って実際に読んでみてください。

現在も
日本においては
このままで大丈夫と言っています。



トランス脂肪酸って何?

酸化しない油を作ろうということで
トランス脂肪酸ができました。

人工的につくった油です。
(一部天然にできるものもあります)
でも
やはり
体に対しては
悪かったのです。

肥満、心臓疾患、
そして
脳梗塞、認知症を
ひきおこすことになるのです。



日本人は本来トランス脂肪酸を
あまり食べていないから大丈夫?

「日本人が、
一人一日当たり食べているトランス脂肪酸の平均的な量は
0.92~0.96グラムと推定されます。
これは平均総エネルギー摂取量の0.44~0.47%に相当します。」

農林水産省が
実施した調査研究(2008年)より引用。

ということで
日本はトランス脂肪酸を
特に減らす必要はありません。
ということです。



トランス脂肪酸は体に悪いの?

この量は身体に
とって悪い量なのでしょうか?

「国際機関が生活習慣病の予防のために
開催した専門家会合
(食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合)は、
食品からとる総脂肪、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸等の目標値を
2003年に公表しました。

その中で、
トランス脂肪酸の摂取量を、
総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしています。

日本人が一日に消費するエネルギーは
平均で約1,900 kcalですので、
平均的な活動量の場合には
一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。」

数値上は
確かに日本は減らす必要ないね。

1%未満となります。

ただ

アメリカやカナダ、
ヨーロッパは
トランス脂肪酸を全廃ですよ。



日本の政府が動かないなら・・・

日本の政府が動かなくても
日本の企業は動いています。

トランス脂肪酸が
血管系の障害を増悪させることは
確実です。

身体に害があることが分かっている以上
失くすことが理想です。

ということで

マーガリンやショートニングは
企業努力で
減らす傾向にあります。

雪印メグミルク

たしかに
少々トランス脂肪酸をとっても問題ありません。

しかし
毎日の少し少しが
積み重なると
心臓血管系の障害に結びつきます。

ここからは
読んでいる「あなた」が
判断するしかありません。

トランス脂肪酸の
マーガリンやショートニングは減らしますか?
それとも
便利だから使い続けますか?



私、食べてる?

トランス脂肪酸は
マーガリンやショートニング
などに含まれている脂質です。

これらを原材料に使った
パン、ケーキ、ドーナツなどの
洋菓子、揚げ物などに
トランス脂肪酸が含まれています。

油も時間とともに
老化(酸化)します。
この老化(酸化)した油が
肥満、心臓疾患、そして
脳梗塞、認知症と深く関連するわけです。



今日の記事はここまでです。

みそしる押していただければうれしいです。


人気ブログランキング

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
「こころと脳のはなし」 「甘いけど体に良いものはある?」 「発酵食ってどうして身体にいいの?」 など 随時お話ししています。 お仕事の依頼などはお気軽に コンタクトから!
PAGE TOP