最終更新日: 2019.08.9

植物性乳酸菌は糖質をうまく使う. [動物性と何が違う?]

植物性乳酸菌とは
植物からとられた乳酸菌のことです。

動物性乳酸菌とは
特に言わないのは
イメージ的に
植物性というと
身体にやさしい感じがするからでしょう。

結局のところ
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは?

植物性乳酸菌の方が強いってホント?



植物性乳酸菌と動物性乳酸菌はちがうの?

乳酸菌とは
糖質から乳酸を作る菌
全般を言います。

特に
生活の中では
ヨーグルトやチーズなどを作る
乳酸菌はよく知られています。

動物性と植物性乳酸菌の違いは
採取さられた場所によって
分けられているだけです。

乳酸菌自体には違いはありません。

例えば
ラクトバチルスなどは
植物からも
ヒトの腸内からも分離されます。

しかし
乳酸菌は
さらに
菌属や菌種に
よって分けられているため
環境が違うと
多様性や性質が異なってきます。



植物性乳酸菌の方が強いってホント?

一般的に
植物性乳酸菌の方が
過酷な状況で乳酸を作り出しています

例えば
ヨーグルトと豆乳ヨーグルトを
比較してみます。

牛乳は
それだけで完璧な栄養食品です。

牛乳だけで
子牛を育てるのに
十分な栄養素を含んでいます。

牛乳の中で生存する(育つ)
乳酸菌は
かなり生きやすく
乳糖を分解して
乳酸を楽々と産生しています。

一方
植物の場合には
豆を絞った汁だけでは
赤ちゃんを育てることができません。

豆乳だけじゃ
生きていけないね!
やっぱり母乳だぜ!

no milk no life!

豆汁だけでは
十分な栄養ではありません。

この中で生き抜いている
乳酸菌は
動物由来の乳酸菌よりも
過酷な環境で生活しています。

そのため、
植物性乳酸菌には多様性があり、
厳しい環境でも生き抜く
強い種類が多いです。

乳酸を作るという意味で
乳酸菌自体はおなじでも
環境がちがうと
性質も菌種の多様性も異なります。

まだまだ
詳しくはわかっていませんが
乳酸菌の細胞外多糖
(EPS;extracellular polysaccharide)が
環境とともに変化しているはずです。



豆乳グルトの味はおいしいの?

豆乳からつくったヨーグルト
豆乳グルトは試したことはありますか?

普通のヨーグルトと
味はさほど変わりません。

豆乳グルトの方が
すこしあっさり感がある程度です。

私は
家で豆乳グルトを育てており、
毎朝、豆乳を追加するだけで
豆乳グルトができます。

ただし、
旅行やしばらく放置してしまうと
乳酸菌たちの
ご機嫌が悪くなるため
長期間家を空けることができません。

( ̄― ̄)

愛情を注がないと
「味」に直結します。



おまけとして

豆乳グルトの会社が
2019年5月上旬から
8月20日(火)まで、
オリジナルQUOカードが当たる
キャンペーンをしています。

詳細はマルサンアイ株式会社
「感謝のきもちを届けたい!!
豆乳グルトキャンペーン

ラクトバチルス ブレビス
(Lactobacillus brevis KB290
という菌ががんばって
豆乳グルトを作っているようです。



まとめとして

日本では
古来より
みそ、しょうゆ、
漬物などの
植物由来の乳酸菌が生活に息づいています。

普段から
発酵食品を摂取して
腸に多様性を持たせると
免疫・治癒力も安定します。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に
情報が届きやすくなります。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

みそしるを押していただければ
認知症関連の方に
この記事の情報が届きやすいです。


人気ブログランキング

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP