最終更新日: 2021.01.25

子供の近視. 3つの治し方と1つのおまけ [NHKスペシャル] 

NHKスペシャル
「わたしたちの“目”が危ない
超近視時代サバイバル」 を見ました。

近視はその後
緑内障や認知症とも
関係してくると言うことでした。

うちの長女やばい。

目の眼軸がいちど伸びてしまうと
元に戻らないそうです。

眼鏡をかけていると
より近くを見る際に負担がかかるため
より悪くなってくる
(眼軸が伸びてしまう)と言うことです。

驚きだったのが「近眼の対策」です。

3つありました。

目の眼軸とは
奥行きのことです。

焦点を合わしきれずに
目が伸びてまで
焦点を合わそうとするのです。

大人の平均で24mmといっていました。
登場していた女性のデザイナーの方は
36mmで視力は0.01、
失明寸前でした。

その対策として

1つはメガネ

遠近両用のメガネが今かなり改良されており、
近くを見る時も
無理なく見れると言うことでした。



2つ目は「3つの20」

20分作業をすると20秒離れてみる。
その際20フィート(6メーター)離れてみる。



3つ目は「日光浴」

1000ルクス以上の光を浴びる。
日光を直接みると目を傷めます。
自然のなかを日中に散歩や
軽いジョギングこれを
2時間程度するのが利用といっていました。

ここまで時間はなかなかとれません。

もう一つありました。

薬剤を使う方法です。

臨床試験段階の植物毒を利用

「アトロピン」という薬です。

クレオパトラだけでなく、
女性は昔から美しく見せるために
ベラドンナをつかってきました。

日本ではベラドンナは
「狼なすび」と呼ばれます。

またの名を「ハシリドコロ」といいます。

ベラドンナの持つ毒とは何でしょうか?

これこそ「アトロピン」です。
目の瞳孔を広げるため、
良く見えるようになるのです。

詳しく知りたい方は
2020年3月に発刊された
こちらでいろいろな植物毒を紹介しています

よかったら本屋で手に取ってみてください。

アトロピンは
シンガポールやアジアで
薬として承認され、
実際に近眼のために使わているとのことです。

どの程度効果が継続するのでしょうか?

日本でも臨床試験を行っているそうです。

今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

今月のおすすめ

PAGE TOP