最終更新日: 2020.01.12

アルツハイマー病でも[認知症]がでるとは限らない. おすすめの著書

認知症は誰でもかかる病気です。

例えば

認知症の検査で有名な長谷川和夫さん。
長谷川式認知症検査を考案した方です。

また
長谷川さんは
認知症の医療の第一人者でもあります。

そんな
長谷川さん自身
が認知症になった。

2020年1月15日深夜に再放送します。
私はまだ見ていないので
再放送をみようと思います。
NHK

長谷川さん自身
認知症について
いろんなことを知っていて
いろいろな予防法も
試されていたことでしょう。

ちゃんと
実践されていたことでしょう。
それでも
認知症になってしまうのです。

悲しいことに
まだ認知症には治療法はありません。



しかし
人間の脳は無限の可能性を秘めています。
2冊の本をご紹介します。

1冊目は
脳内出血を起こした後に
リハビリをし
奇跡的な回復を見せた
ジルボルト・テイラーさんの本です。

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

彼女の動画は
世界中で2000万回以上も
再生されています。

脳内出血を起こした瞬間からの
経緯を話されています。
日本語字幕なので
お時間がある方は
どうぞ。

18分程度です。
脳科学者が脳卒中になった

私はこの動画を
「授業」や「ノウハウ」
紹介しています。



もう1冊は
修道院の女性で
アルツハイマー病の脳であっても
症状は全く出ていなかった
と言う驚くべき実話です。

著者はアメリカの疫学者で
アメリカ・ミネソタ大学で始まった研究を
1990年からはケンタッキー大学に移して
さらに数十年かけて行われた研究です。

ノートルダム教育修道女会の協力を得て
75歳から106歳までの678人の方を調べています。
100歳の美しい脳
丹念に調査をしており
とても説得力があります。



アルツハイマー病や認知症は
現代の科学では
まだ治癒することがない病気です。

しかし
人間の脳は柔軟性にとんでいます。
そのことがかえって
「認知症」という症状を
引き起こしてしまうほど
崩れてしまうこともあります。

逆に
いちど崩れてしまった脳でも
それ以外の部分が
活性化して
よみがえる可能性があるのです。

今日もありがとうございました。
みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP