シンバイオティクスにスクラロースは食べ合わせとしてどうなの? ヤクルトさん

腸内環境に多様性を持たせるためには
「シンバイオティクス」で考えた方が
より効果があります。

なにより効果があるの?

プロバイオティクス
プレバイオティクスで考えるよりです。

いまでも
乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌を
含む食品を「プロバイオティクス」といいます。

一方
オリゴ糖や食物繊維など
細菌のエサとなる食品を
「プレバイオティクス」と言います。

プロバイオティクスと
プレバイオティクスをそれぞれ単独で
とってもいるよりも
同時にとった方が
腸内細菌の数も種類も増えますよということです。

これが
シンバイオティクスの考え方です。

川口春奈さんがわかりやすくシンバイオティクスを説明



シンバイオティクスヤクルトWを
早速飲んでみました。

味的には
これまでの「ヤクルト」と
あまり変わらないかと思いました。

量は100mlと
少しヤクルトよりも多めですが
値段も少し高め(120円税抜き)です。

オリゴ糖が入っているため
腸内細菌の餌となり
乳酸菌が入っているため、
腸内の多様性が期待できます。

しかし
甘味成分として
オリゴ糖、
砂糖とブドウ糖果糖液糖も入っている上に
人工甘味料のスクラロースも入っています。

天然の砂糖に加えて
どうして人工甘味料まで入れる必要があるのか
。。。
とても残念です。

どれぐらいの量が入ってるのかは分かりませんが
成分表を見ると
糖質11.9グラムとなっています。

このうちの2.5グラムは
ガラクトオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖は
砂糖の甘味を100とすると
約30程度です。

つまり
オリゴ糖から甘さはほとんど
感じることができません。

さらに
残りの濃度10%の砂糖水では
ここまで甘くなりません。

ということは
すこしさらっとしたこの甘さは
「スクラロース」から来ています。

スクラロースの甘味は
砂糖を100とした場合
60000です。

砂糖の600倍甘いってことか!!!

だから
ここまで
ヤクルトのカロリーを抑えつつ
甘味を出せるのです。

しかし
今回の商品が
シンバイオティクス ヤクルトWの
完成形だとは思っていません。

ですよね?
ヤクルトさん。

ローソンのグリーンスムージーのように
できれば甘味料として
人工甘味料を
除いた製品を
来年開発してほしいと思います。

ローソンのグリーンスムージーから人工甘味料が消えた!



もしくは
人工甘味料のうちでも
スクラロースではなく
酵素で作り出している
「エリスリトール」や「トレハロース」に
変えてほしいと思います。

エリスリトールやトレハロースは
天然にも存在するため、
身体への負担はスクラロースよりは
はるかにやさしいです。

ヤクルトさんは
腸内環境を整えるためにも
毎日、飲むことをお勧めしています。

Q
毎日続けたほうがよいですか。

A
人の腸の中にはいろいろな菌がすんでおり、有用菌・有害菌がバランスを保とうとしています。ところが、そのバランスは、偏った食事やストレス、薬などいろいろな要因によりくずれ、有用菌が減少することがあります。そのような状態が続くと体の不調につながりやすくなるため、普段から生きて腸内まで到達する有用な乳酸菌 シロタ株を送りこむことをおすすめします。乳酸菌 シロタ株は腸に定着しませんので、毎日続けて摂ることが大切です。

ヤクルトホームページより引用

これをまともに受けて
腸内細菌の多様性を増やすために
毎日飲み続けるのであれば
人工甘味料も
毎日摂取することになります。

糖質をへらすために
人工甘味料にしたのでしょうが、
人工甘味料によって
腸内環境に悪い影響が出る可能性があります。

少し厳しいコメント・感想ですが、
ヤクルトを飲む人が
期待しているのは
「腸に良い製品」です。



みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
「こころと脳のはなし」 「甘いけど体に良いものはある?」 「発酵食ってどうして身体にいいの?」 など 随時お話ししています。 お仕事の依頼などはお気軽に コンタクトから!
PAGE TOP