最終更新日: 2020.09.7

甘酒を赤ちゃんの離乳食として与える時に気を付けることは? [成分]

甘酒は赤ちゃんだけでなく
授乳中のお母さんの栄養補給にもなります。

甘酒の栄養成分には
糖質、
ビタミン
アミノ酸

そして
ミネラル
豊富に含んでいます。

赤ちゃんにも妊婦さんにも
理想の栄養ドリンクとなりますが
甘酒の選びかたや
飲み方には少し工夫が必要です




甘酒の2つのタイプ

甘酒には2種類あります。
アルコール入りと
アルコール無しです。

作り方が全然違います。
アルコール有りは
酒粕を使って甘酒をつくります。

一方、
アルコール無しは
米麹とおかゆをまぜて
甘酒を作ります。

私がいつも
つくる甘酒は
後者の
米麹とおかゆでつくる甘酒です。


甘酒のタンパク質

甘酒を手作りしていて
感じることは
味が豊かなことです。

甘酒の中にはたくさんの
タンパク質が含まれています。

糖質を分解するアミラーゼや
タンパク質を分解するプロテアーゼ
そして
脂肪を分解するリパーゼなど
すべてタンパク質である
「酵素」がたくさん麹菌からつくらるからです。

これらは酵素として働く一方
タンパク質として
体の中で吸収されます。

タンパク質は
アミノ酸があつまってできた物(分子)です。

甘酒には
身体に必要な
20種類のアミノ酸
すべて含まれていることは有名ですが、
さらに
最近
天然アミノ酸の1種
エルゴチオネインも含まれていることが報告されました。

八海醸造株式会社の発表にリンク

エルゴチネインとは
ビタミンDの7000倍の抗酸化作用を持ったアミノ酸です。
このことはまたいずれ記事にします

記事にしました。
エルゴチオネインの抗酸化効果は半端ない!



甘酒のビタミン

甘酒には
特にビタミンBが豊富
に含まれます。

ビタミンB群は新陳代謝を活発にし
肌をつやつやにする効果があります。

ビタミンB1があると
食べたご飯の栄養成分を
上手にエネルギーに変えてくれます。

逆に
ビタミンB1 が不足していると
食べた栄養素が不十分にしか使われず
たまり始めめるか
そのまま排出されてしまいます。



甘酒の糖質

甘酒は
主に糖質としてはブドウ糖です。

しかし
ブドウ糖だけではなく
多彩な糖が入っています。

オリゴ糖と食物繊維が豊富に入っているため
腸内細菌の多様性を促すことから
腸の活動が活発になります。

この「多彩な糖」こそ
自然の恵みだと思います。



赤ちゃんにはどのようにして甘酒をあげるの?

まさに甘酒は
「多彩な糖」の
栄養ドリンクとして最高です。

離乳食として
赤ちゃんに甘酒をあげても大丈夫です。
だって
もとはおかゆでしょ。

手作り甘酒の場合には
できた甘酒を
一度沸騰させておく
米麹も死滅するため
より安心・安全です。

赤ちゃんは何か月くらいから甘酒を飲めますか?
甘酒をそのままあげてもいいですか?

離乳食を与える時期から
甘酒を与えても大丈夫です。

甘味があるため、
赤ちゃんはもっと欲しがるかもしれませんが
ほどほどにしましょう。

赤ちゃんにとっては
甘すぎるかもしれないので
少しお白湯で薄めた方がいいと思います。

マルコメさんの甘酒QアンドAを参考



まとめ

甘酒は
あかちゃんにも安心安全な飲み物です。

さらに
赤ちゃんをお腹に抱えた
妊婦さんにも
栄養面と精神面でも
身体的に見ても
理想的な栄養ドリンクです。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

今月のおすすめ

PAGE TOP