原因

  1. 砂糖をやめてからの食事法 [タンパク質について]

    長年続いていた「肌にかゆみ」が治まったのは「甘いものの摂り過ぎ」を減らしたときという記事を書きました。糖質を減らした分「…

  2. 糖質を食べ過ぎたら 肌のかゆみがでた. [その対処法]

    皮膚がかゆい、発疹がある。これらは肌の1番表層に「炎症」が起こっている証拠です。特に「慢性炎症」です。どういう時にこのか…

  3. 砂糖で老ける は本当? [キシリトール]

    砂糖を取りすぎると「老ける」と言われます。その根拠は何?よく言われるのは砂糖による「糖化」です。トウカ?糖化とは…

  4. 砂糖が冷えの原因って本当?

    アイスクリームやバナナ、スイカ、桃、ブドウなど果物は夏場に欲しくなります。また冬場でも暖房が効きすぎたり、お風呂上がりなどアイスクリ…

  5. カフェイン摂りすぎの量は人によって違う. [この症状は危険]

    カフェインの1日の摂取量は400ミリグラム(㎎)と推奨されてます。スタバのコーヒーを例にとればトールサイズ2杯で400㎎を超えます。…

  6. 果糖ブドウ糖を減らす方法 [ガンバル必要なし]

    「果糖ブドウ糖液糖」、「ブドウ糖果糖液糖」や「砂糖」の摂りすぎは生活習慣病を引き起こす大きな原因の1つです。「減らせばいいん…

  7. スクラロースの影響は ジワジワと油の多い箇所に現れる

    スクラロースには「塩素」が入っています。スクラロースを「高温」で調理をすると「塩素化合物」ができることが最近わかってきました。内閣府…

  8. ソルビトールは添加物として危険なの?

    ソルビトールは「ソルビット」とも言います。ソルビトールは「食べ物」や「化粧品」にも使われています。また実際に「下剤」としても使われて…

  9. 腸の不調を治す食事 [天然糖が鍵]

    腸の不調にもいろいろあり潰瘍性大腸炎の場合には「天然糖質」が病態を改善するカギとなります。残念ながら潰瘍性大腸炎の原因はわかりません…

  10. 妊娠高血圧 でカフェインと 甘いもの 同時にとるのは危険

    妊娠中は普段血圧に異常がない人でも血圧が高くなりがちです。普段から少しでも血圧が高い人は「妊娠高血圧症」の危険があり「カフェイン」は要注意で…

PAGE TOP