最終更新日: 2021.03.16

長芋で美肌効果を試してみた!

長芋を大量にゲットしたので
最近、いろいろな料理に
長芋を使っています。

じつは
ここ最近、
塩酒粕を少しやめて
「長芋オンリー」に絞っているのです。

長いもの美肌効果を確かめるためです。

もし長芋に美肌効果があるのであれば
酒粕効果のようにわかるはずです。

ここでフト
長芋、長芋といっていますが、
「長芋」と「山芋」は違うの?
(゜-゜)?

という疑問が出てきました。
まずはこの違いをサクッと解決してから実体験です。

長芋と山芋の違いは?

山芋とは
もともと山で自生していたものが多く
総称して「山芋」と言われています。

山芋の中に
長芋、自然薯や大和芋などが含まれ
これらをまとめて「山芋」と呼びます。
またこれらをすったものが「とろろ」です。

つまり
「山芋」の中に「長芋」が含まれます。

長芋やとろろで美肌効果?

山芋は蒸しても良し!
生でも良し!

ジャガイモやサツマイモと違い
山芋は生でも
食べられる唯一の芋なのです。

山芋の生といえば「とろろ」。

「とろろ」には
熱に弱いビタミンなどが含まれています。
そのため、
そのまま体に吸収されることになります。

ビタミンCやビタミンEは美容
特に「美肌」に欠かせません。

ビタミンEは抗酸化作用が高く
シミやそばかすをできにくくする効果が期待できます。

現在、
長芋を毎日、
「とろろ」としてただけでなく、
みそ汁に入れたり、
野菜炒めに入れたりしています。

ですが、
酒粕ほどの美肌効果は感じません。

長芋の効果は?

しかし
長芋にまったくなんの効果もない
わけではありません。

長芋は蒸しても良し!
生でも良し!

ジャガイモやサツマイモと違い
長芋は生でも
食べられる唯一の芋なのです。

長芋の生といえば「とろろ」。

とろろのネバネバ成分は
「ムチン」からできています。

ムチンは体の中に入ると
同時に食べた糖の吸収を抑えてくれる
という働きがあります。

つまり
ご飯と一緒にたべると
ご飯の吸収を遅くするために
食後の血糖値が上がりにくくなります。

「とろろ」は
食後高血糖の方には
ありがたい食材です。

また
「ムチン」は腸の粘膜の細胞を覆っている
構成成分でもあります。

粘膜は消化器系ではだけではなく
呼吸器系や生殖器系などにも存在しています。
粘膜の役割は身体の細胞を保護するためです。

ウィルスやバクテリア
またカビなどが
容易に体の細胞の中に侵入できないように
「バリア」として働いているのです。

この粘膜の細胞が産生、分泌する物質が
「ムチン」なのです。

またムチンは
胃腸の粘膜を修復してくれる機能もあります。

(つづく)

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

今月のおすすめ

PAGE TOP