ギリシャヨーグルト 豆乳 を手作りしたらアイスのようでした. [子供も大喜び]

ギリシャヨーグルトをつくりました。
濃厚なヨーグルトで
子供たちも大満足だったようです。

ギリシャヨーグルトって何?
ギリシャヨーグルトを家で作れるの?
ギリシャでこのヨーグルトを本当に食べているの?



ギリシャヨーグルトって何?

家ではヨーグルトの菌を豆乳と混ぜ
毎日豆乳ヨーグルトがポコポコとできています。

写真は豆乳ヨーグルトです。

毎日食べた分だけ豆乳を注いでいるため、
少し泡立っています。

一日冷蔵庫にいれておくと
乳酸菌が豆乳を分解して
ほどよく酸味を作ってくれます。

ギリシャヨーグルトは
通常のヨーグルトと違い
水分があまりありません。
そう、
作り方はいたって簡単なのです。



ギリシャヨーグルトを家で作れるの?

この手作り豆乳ヨーグルトを
コーヒーフィルターや経木の上に
置いておくだけ

数時間後には水分が全て下に落ち
ヨーグルトだけが上に残ります。

これがギリシャヨーグルトのように
濃厚なヨーグルトとなります。

写真はヨーグルトを上にのせて
30分ほど経ったときのヨーグルトです。

一晩、
放置すると水分がもっと抜けて
より濃厚なヨーグルトになります。

下に残った水分は
乳酸菌がたっぷりと入っているため
そのままヨーグルトの中に戻しました。

いろんなサイトを見ると
下の水分を味噌汁の汁に使ったり
米をたく時に使ったりしていました。

共通しているのは
そのまま捨てずに料理に使うと言う方法です。
それ以外に使っている方もいました。

水で10倍ほど薄めて
霧吹き状にして
部屋や植物にまくという記事も見たことがあります。
乳酸菌がマイナスイオンを発生させ
部屋の中が新鮮な空気になるそうです。

真偽のほどは分かりませんが
いずれ試してみようと思います。

ギリシャでこのヨーグルトを本当に食べているの?

そもそもこの濃厚なヨーグルトを
ギリシャでは食べているのでしょうか?

私はギリシャ語はよくわからないため、
英語で検索をかけたところ
Mandrekas SA(マンドレカス)という
ギリシャ最大のヨーグルト会社にたどり着きました。

この会社のサイトは
日本語だけでなく、
英語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語
わからない言葉など10か国の言葉で翻訳してくれています。

たしかに
ギリシャで普段たべられている
ヨーグルトっぽいです。

このサイトにあった
一般的なギリシャヨーグルトの成分です。

エネルギー : 132 kcal/554 Kj
タンパク質 : 6.5g
総炭水化物 : 4.1g
脂肪 : 3.8g**
脂肪 : 10g
トランス脂肪 : 0g
食物繊維 : < 0.1g ナトリウム : 74mg カルシウム : 145mg ** 0gもあります。 普通日本にあるヨーグルトの代表として 明治ブルガリアヨーグルトの成分です。

エネルギー : 62kcal
たんぱく質 : 3.4g
炭水化物 : 5.3g
脂質 : 3.0g
食塩相当量 : 0.13g
カルシウム : 109mg

明治ブルガリアヨーグルトと比較して
タンパク質が2倍
ギリシャヨーグルトには含まれています。

その分、
濃厚なしっとり、
どっしりとした
味わいなのですね。

オリゴ糖、はちみつや
果物などをそえて
ギリシャヨーグルトをたべると
腸内細菌の数がふえると
同時に
タンパク質も多めに摂取できるので
筋肉をつけたい方にも向いていると思います。



まとめとして

ギリシャヨーグルトは
チーズやアイスクリームっぽい触感なので
味わい的にも
満足できます。
私は大好きです。

ただ妻はちょっと不満げです。

普段より豆乳多く使うやん!!



みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP