腸内細菌を天然の糖質でドンドンと元気にしよう! [腸内由来アミノ酸の効果]

腸内細菌の作り出す物質が
また1つ
体を守っていることが
わかりました。

腸内細菌は
これまで食物繊維を分解して
体が必要とする短鎖脂肪酸
特に
酢酸や酪酸を作り出していることが
知られていました。

今回は
細菌が作り出す
アミノ酸が
急性腎不全において
大切な病態改善効果を
発揮しているという報告です。

Gut microbiota–derived D-serine protects against acute kidney injury
腸内細菌の作り出すD型セリンが急性腎疾患を防いでいる。
JCI Insight. 3(20) 2018.
doi: 10.1172/jci.insight.97957.

日本 
金沢大学からの研究報告です



アミノ酸にはL型とD型がある

アミノ酸の中でも
特に
D型セリンと言うアミノ酸が
今回腎臓の機能の改善をしていることが
報告されました。

ヒトの身体では
大部分は
L型アミノ酸が合成され
身体で役割を果たしています。



腸内細菌以外にD型セリンはあるの?

このD型セリンと言うのは
腸内細菌が作り出しているばかりでなく
発酵食品の中にも
多く含まれている
ことが知られています。

D型セリンを含め
D型のアミノ酸は
チーズやヨーグルトに加え
日本古来の発酵食品である

納豆や味噌
醤油、漬物などにも多く含まれています。

つまり
D型アミノ酸は
腸内環境を維持していることに加え
腎臓保護し免疫系にも
関わっているということです。



腎不全ではD型セリン量がたくさん増える

図では
1番下のガット(腸)から
D型セリンが産生、分泌されます。
そして
血液中を流れ
図で示す1番上の腎臓のところに到着します。

通常であれば
D型セリンは
分解酵素で分解されます。

一方
腎臓に機能不全がある場合には
D型セリンが腎臓の保護に
働くと言うことです。

通常
D型セリンの分解酵素が働き
D型セリンが分解されるのですが
分解酵素が抑えられることにより
D型セリンの分解も抑えられます。

さらに
体内で作られる
L型セリンを
D型セリンに変換する酵素も働き
さらに
D型セリンを増やすと言う方向に働きます。

こうして
通常よりも量の増えたD型セリンは
腎臓の機能を回復すべく
体内で働いていると言うことです。



腎臓だけなのか?

具体的に
どのようにして
D型セリンが腎臓が機能回復するのかは
まだわかっていません。

今回は
腎臓、
特に急性の腎不全に対しての研究結果でした。

このような緊急時に
D型セリン保護的に働くと言うのは
「腎臓」に限ったことではないと思います。
神経難病やガンなどの病的状態での
D型セリンの役割も
徐々に明らかになってくると思われます。



まとめとして

腸内細菌が作り出すアミノ酸の1つが
急性腎不全を防いでいると言う報告でした。
今回の研究成果の応用として
D型セリンを摂取すると
病態を改善する可能性が示唆されました。

D型セリンのサプリ
もちろんのこと
このサイトとしては
天然の成分の
D型セリンを多く含む
発酵食品をこれまで通り
ドンドンと推奨していこう
と思います。

天然糖と食物繊維も
発酵食品と同じくらい
腸内環境に大切です。

今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ


人気ブログランキング

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
「こころと脳のはなし」 「甘いけど体に良いものはある?」 「発酵食ってどうして身体にいいの?」 など 随時お話ししています。 お仕事の依頼などはお気軽に コンタクトから!
PAGE TOP