最終更新日: 2017.07.9

愛の反対は 憎悪 ではない. 無関心 認知症患者さんの 不平 不満 のとらえ方が変わる

オキシトシンは愛情ホルモンです。

ここで
いきなり
愛情(愛)の反対は何でしょう?

憎しみ や 憎悪でしょうか?
愛の反対は憎しみではなく、「無関心」
By Elie Wiesel、エリ・ヴィーゼル
アウシュヴィッツから生還した作家。

1986年、ノーベル平和賞を受賞。
The opposite of love is not hate, it’s indifference.
The opposite of beauty is not ugliness, it’s indifference.
The opposite of faith is not heresy, it’s indifference.
And the opposite of life is not death, but indifference between life and death.
(US News & World Report (27 October 1986))

(原文訳)
愛の反対は憎しみではなく、無関心です。
美の反対は醜さではなく、無関心です。
信仰の反対は異端ではなく、無関心です。
そして、
生の反対は死ではありません。
生死に関心を持たないことです。

実際に
愛情ホルモン、
オキシトシンを
感じることができない
遺伝子異常のネズミは
育児を放棄します。

というより
うまれた赤ちゃんに関心がないのです。

ということは
「不平、不満や文句を言っている」のは
(少し)ひねくれた愛の一種ともいえます。

認知症患者さんが
不平、不満や文句を言う。
介護している方が
文句を言う。
どちらも愛の裏返し。

放置することが
もっとも愛から遠い行為なのです。

今日の記事はくだらねーって
不満を抱きながらも
ブログに来てくれるあなたが好きです。
♡ ♡ ♡

今日の記事はここまでです。
コメント・アドバイス・
リンクシェアーなどはこちらへどうぞ。


よかったら
みそしる押してください。

人気ブログランキング

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP