腸内環境

  1. レビー小体型認知症の原因は嗅覚と腸にあり. パーキンソン病にもあてはまります.

    パーキンソン病とレビー小体型認知症は「腸と鼻」から吸収したものが蓄積して発症の原因となりえます。より正確には複数の原因が合計してある…

  2. 寒い日には甘酒と「生姜」を数滴!自律神経を活性化で寒波でも身体・こころはポカポカ。

    ここ数日続いた大寒波はいったん、弱まりました。特に私のすんでいる東北では「自然」と「人の行動」が直接影響するので気候や天気には敏感になります。…

  3. 口内フローラも腸内フローラもアレルギーやうつ病と関係! リンク動画あり

    人の身体はおよそ10兆の細胞から構成されています。一方、腸内にはその10倍つまり100兆の腸内細菌が住んでいます。以前、ためしてガッテン…

  4. 朝食に甘酒をたべて幸せな気分でダイエット。 発酵食品で自律神経系も腸内環境も整います。時間栄養学って…

    「甘酒を朝食にいただく」これだけで自律神経系のリズム、腸のリズム、そしてダイエットとすべてが理想の状態になります。まずは1ヶ月試してみて…

  5. 納豆のレシチンを認知症予防に生かそう。秘訣は納豆菌の生命力にあった

    認知症を予防する食事とは年とともにご飯の量を減らすこと。お腹がすくので4つの種類の食べ物を多めにたべること。これが17年…

PAGE TOP