ALS の間接的な 原因 を薬剤で抑えると 劇的な改善効果 はあるのか?


メディシノバ株式会社は
現在、
MN-166 (イブジラスト Ibudilast)を用いて
筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する
治験を行っています。

第28回国際ALS/MNDシンポジウムが
ボストンで開かれます
(2017年12月8-10日)。

ここでおそらく
メディシノバ第二弾の
臨床結果報告があると思います。

ALSの真の原因はまだ
わかりませんが、
慢性炎症を抑えることが
病態改善のポイントです。

最新の抗炎症薬の治験結果はいつ発表される?

日常生活から慢性炎症を抑えるには?



メディシノバ株式会社
現在、
MN-166 (イブジラスト Ibudilast)を用いて
多発性硬化症とALSに対して臨床試験を行っています。

その臨床試験結果を
順に2017年10月と12月に
報告予定と発表しました。

10月は多発性硬化症の学会です。

12月には
第28回国際ALS/MNDシンポジウムがあります。



ということは
ALS に対する
最新の治験結果は
おそらく
12月8-10日
第28回国際ALS/MNDシンポジウム(ボストン)で
報告されると思います。

第28回国際ALS/MNDシンポジウムリンク先

2017年10月25日現在
まだ
アブストラクトも
スケジュールも
サイトにアップされていません。

MNDとはmotor neuron diseaseの略です。



以前では考えられないようなスピードで
世の中が動いています。

最新の治験結果が
すぐに世界中に伝わります。

その情報をもとに
また誰かが
次の研究に着手します。

ALSにたいして
現在、
効果的な薬剤はありません。

原因はわからないのですが、
病態に慢性炎症が関与することが
わかってきています。



MN-166は慢性炎症を抑える薬剤です。

ということは
薬剤のほかにも
日常の生活から
慢性炎症を抑える生活を進めていけば

病態の進行を防ぐ可能性があります。

食事から
慢性炎症を抑えるには
慢性炎症を押さえる10品目、
「まごわやさしい」を参考にしてください。



タイトルは「認知症を予防するには・・・」ですが、
認知症でも
脳内で「慢性炎症」がおこっているためです。

10品目を具体的にあげています。
基本的には
以上10品目を混ぜながら
「発酵食品」を積極的に取っていきましょう

結果として
「腸内環境を整えていくこと」が
遠回りのようですが、
一番の根本治療だと感じています。
(証拠はまだありませんが。)

腸と神経系の疾患が
密接に関係する証拠が
最近次々と出てきています。

今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「あなたから認知症予防を」をスローガンに
「研究」と同時にこのブログで
コツコツと活動をしています。

仲間や同士が集まり、
未知のことが
いろいろ分かってくると思います。

そして
「将来、神経難病は治る病気」になると
感じました。

一歩ずつですが
みんなで進んでいきましょう。
ご応援のほどよろしくお願いします。

みそしる一押しお願いします。

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP