「目が見にくくなってきた」という方に.最新の治療のリーダーはこの人. 旦那はパーキンソン病の最新治療に従事


目が見にくくなってきた
視界の中心部分が歪んで見える
中心部分がぼやける
こんな症状がでてきたら
加齢性の目の変性かもしれません。

変視症とは
hennshi blog

中心暗点とは
chusin eye blog

日本眼科学会より引用

治療としては現在
血管の新生をうながす血管増殖因子(VEGF)を阻害する
ラニビズマブやアフリベルセプトの投与がおこなわれます。

新たな治療方法も進んでいます。

2015年10月2日に
加齢黄斑変性の手術から1年を過ぎた患者の状態について、
「がんなどの異常は見られず、
安全性の確認を主目的とした1例目の結果としては、
良好と評価できる」と発表した。
産経新聞より引用

この研究を主に進めているのは高橋政代さんです。
(理化学研究所、
多細胞システム形成研究センター、
網膜再生医療研究開発プロジェクト
プロジェクトリーダー)

iPS細胞を使って
網膜色素変性症や加齢黄斑変性の治療が順調にいけば
iPS細胞で初の臨床応用となります。

.
.
.
.
.

高橋政代さん(理化学研究所)
の旦那さんもiPSの研究で有名です。

高橋淳さんは(京都大学iPS細胞研究所)
iPS細胞を使って
パーキンソン病への臨床応用を目指されています。

こちらもサルでiPS治療は有用だとの報告がなされています。
順調にヒトパーキンソン病治療で効果が出れば
罹患患者数が大きい分、
世界中に与える効果も絶大です。

奥様の高橋政代さんの
これまでに影響をうけた人物に
iPSを作り出した山中伸弥先生と
もう一人「マリー・キューリ―Marie Curie」
が挙げられています。

マリー・キューリ―は
2度もノーベル賞をもらっています。

単独でもノーベル賞をもらっていますが、
(1911ノーベル化学賞)
最初のノーベル賞は
ピエール・キュリーPierre Curie
(1903年ノーベル物理学賞)
旦那さんと物理学賞を受賞されています。

ノーベル賞の対象理由は「人類に貢献する」が大きく、
この点で高橋さん夫妻はノーベル賞の候補として
挙がる可能性が出てきます。

「夫婦でノーベル賞」
高橋カップルもキュリー夫妻に続けるのでは。

ちなみに
キュリー家の子供たちもノーベル賞をもらっています。
(゜o゜)
スゴイ家だね。

ワクワクすること(英語でCurious)
キュリーCurie夫妻はCuriousを最も大切にしていたそうです。

Curiousの語源は
キュリー夫人だったのか!

違うでしょ。きっと。

記事ここまで)

次世代には
認知症で苦労する人や
介護する人を少なくしたい。
「あなたから認知症予防を」
をスローガンに
「研究」と同時にこのブログを通して活動をしています。
みそしる押してください。

ありがとうございます。

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP