原因

  1. レビー小体型認知症・パーキンソン病における酵素に溶けないタンパク質

    健常者とレビー小体型認知症の患者さんの脳内を見てみましょう。病理学的にみると大きな違いがあります。あるタンパク質が茶色い色で…

  2. どんな人が認知症に罹っているでしょうか?

    認知症の原因として多いのは「アルツハイマー病」と「脳血管性認知症」です。これらには危険因子があります。簡単に言えば「どのような人が現…

  3. 性格が変わる 原因 が 病気や事故 でなくなった方の 頭 にあった.

    人は死んだらどうなるのでしょうか?こんなことを考えることのできる人の脳・心はほんとうに不思議です。・・・・…

  4. 「ふくらはぎマッサージ」をすると炎症が悪化。なんと脳にまで影響!

    「ふくらはぎマッサージ」はたいていの人にとっては心地の良いですが、脳に炎症がある人、特に多発性硬化症の方はふくらはぎマッサージをやめて!(日…

  5. ふくらぎを鍛えると下肢静脈瘤もなくなります。ポイントは拮抗筋を意識する

    ふくらはぎ第二の心臓とも言われます。ふくらはぎの筋肉は、主に下腿三頭筋とよばれる筋肉でできています。下腿三頭筋は・・・カタイ…

  6. 愛の反対は 憎悪 ではない. 無関心 認知症患者さんの 不平 不満 のとらえ方が変わる

    オキシトシンは愛情ホルモンです。ここでいきなり愛情(愛)の反対は何でしょう?憎しみ や 憎悪でしょうか?愛の反対は憎しみではなく、「…

  7. 認知症の方の脳と萎縮 特に前頭葉、クルミみたいに変形します。

    今週は授業テーマは「認知症の脳内でなにが起こっているか?」です。授業を受ける人は専門外の人がほとんどなので図や画像を多くつかうよ…

  8. 脳梗塞や心臓病を防ぐためにコーヒーを飲んでも無駄です。

    コーヒーや緑茶をよくのんでいる方に朗報です。「脳梗塞や心臓病になりにくいですよ。」なーんて、言われてもあまり信用できないです…

  9. 匂いテストで脳神経の現状を知ることができるのでは?5種類の香りをかぎ分けられますか?

    2005年から2006年にかけて 3005人(57歳から85歳の方)の方に面談をして5種類の香りを嗅ぎ分けてもらいました。(嗅覚テスト)…

  10. 匂いテストで予後を知ることができる?オレンジの香りはしますか?

    嗅覚を感じなくなってきたと思ったら脳の神経機能も落ちてきている可能があります。嗅覚障害と認知症、パーキンソン病の関係は良く言われますが、、嗅覚が…

PAGE TOP