過去の記事一覧

  1. Dementia

    突然嘔吐して倒れたら脳内出血の可能性あり

    2017年8月21日この記事は更新されました。「突然、バタッと嘔吐して倒れた。」可能性として「脳内出血」が一番に挙げられます。脳内出血と…

  2. Dementia

    南果歩さんの乳ガンをみつけた技術はなに?

    早期の胃がんで手術をした渡辺謙(56歳)さん。今度は妻の南果歩さんに乳がんが見つかり、その後、摘出しました。日本で乳…

  3. 経験

    西川きよし もお世話になったダヴィンチ (ダビンチ) . うれしい保険適用の拡大…

    2916年4月8日に母親が腎臓ガンを摘出しました。内視鏡下手術用ロボットの素晴らしさを実感しました。(ダビンチ、ダヴィンチ)最近では西川きよしさ…

  4. 経験

    腎臓ガンとダヴィンチ

    藤崎マーケット・田崎佑一が腎臓ガンで手術を受けました。私の母親も2016年に腎臓がんが見つかりました。しかしダビンチによる手術できれ…

  5. Dementia

    パーキンソン病とノルアドレナリンとアドレナリン 自律神経失調症との関係は?

    自律神経は常に身体の反応を滞りなく司ってくれています。今、息し忘れてた!とか心臓動かすの忘れてた!なんてことにはならないありがたい存…

  6. 原因

    クマがでたら自律神経の出番です。

    2017年11月1日に目の下のクマのための解決方法を追記しました。目の下のクマには原因により3種類のタイプがあります。青クマと…

  7. Dementia

    神経難病の 情報 を知ることから得られる大きな効果

    この記事は2019年6月30日に更新されました。認知症やレビー小体病多系統萎縮症、うつや自律神経失調症などに関して多くの情報を得たとして…

  8. 対処方法

    パーキンソン病の進行とその対処

    現状ではパーキンソン病の治療法は対処療法です。しかし1970年代に出現したレポドパのおかげで症状を軽減することができました。…

  9. Dementia

    パーキンソン病・レビー小体型認知症を予防するために意識すること

    パーキンソン病とレビー小体型認知症の患者さんばかりでなく、疾患予防の点から「腸活」はかなりいいんじゃない?名前はいまいちだけ…

  10. Dementia

    殺虫剤とレビー小体型認知症・パーキンソン病の原因

    前回までの記事を簡単にまとめるとパーキンソン病とレビー小体型認知症の患者さんではあるタンパク質(アルファーシヌクレイン)の本来の機能が…

おすすめ記事

PAGE TOP