認知症

  1. 子供や小人が見える時の対応. [高齢者の場合には第二の認知症かも?]

    日本政府を含めて世界中ですが、「認知症」に対して治療をすることができません。そのため、どんどんと増加しています。日本政府が今月2019年6月…

  2. シンバイオティクスで認知症を含む神経症状も軽減する可能性.

    長寿になっても健康な人の腸内では2種類の菌が多いことがわかっています。ビフィズス菌と酪酸菌です。一方、神経変性やアレルギーの患者さん…

  3. スタバに甘酒入りフレペチーノがでる日も近い. 発酵食品入りドリンク新作で登場.

    2019年6月19日追記しました。<a href ''#trial''>発酵フラペチーノ<a/>2019年6月12日追記しま…

  4. 大豆たんぱく質を効率よく吸収する料理の組み合わせは?

    認知症を防ぐためには筋肉が大切です。筋肉は主にタンパク質でできています。そこでタンパク質を多くとればいいかというと必ずしもそ…

  5. レビー小体型認知症の原因物質は針のように重合した分子 [伝播を防ぐために].

    パーキンソン病やレヴィー小体型認知症または多系統萎縮症では共通した分子が脳神経に溜まってきます。現在はこれが原因で脳神経が障害さ…

  6. グリンパを介して認知症の改善をめざす. [超音波でバリアを緩める]

    アルツハイマー病に対して超音波を照射することで異常なタンパク質を除去できる。そして症状がよくなる。まだマウスレベルですが、着実に…

  7. 神経難病の完治は無理かも. でも [防ぐこと] と [症状をとめること]はできるはず.

    東洋経済オンラインの記事はとても考えさせられました。人は死を意識しないようになる病気を克服すると言うと風邪のように完全に治る…

  8. トランス脂肪酸は少々なら大丈夫という政府の方針. 世界では全廃です.

    約4年前2015年6月にアメリカは国内のトランス脂肪酸を2018年6月までに全てなくすと発表しました。さらに2015年7月にカナ…

  9. 筋肉マイオカインと脳神経との関係をシュワルツェネガーの動画で考えた.

    アーノルド・シュワルツェネガーが飛び蹴りをかまされました。しかし前のめりになった程度で「人に押されたのかと思ったよ」とコメントしています…

  10. 糖質と運動を組み合わせると脳では予期しないことが起こっていた.

    大学院生が頑張ってくれた論文がアメリカのNIHの論文収録サイト (通称パブメド)に今日のりました。トレハロースと運動を組み合わせ脳への影響を…

PAGE TOP