パーキンソン病

  1. マイケルjフォックス 2017年で56歳ですが 第89回アカデミー賞授賞式で笑顔でした. [動画有]…

    30歳代でパーキンソン病を発症したマイケルjフォックスですが、2017年2月27日、第89回アカデミー賞の発表と授賞式(アメリカ・ロサンゼルス)に…

  2. 小川彩佳 の父親 は iPS を生かした 耳鼻咽喉科のエキスパート 

    2018年9月29日櫻井翔と小川彩佳が破局っぽい。女性自身週刊誌が小川彩佳のお父さんに直撃インタビュー。ほっといてあげたらいいのにね。…

  3. 加藤茶は認知症でもパーキンソン病でもなく、[薬剤性パーキンソン二ズム] . 薬が悪い場合もあります…

    加藤綾菜さんのブログをみると最近のカトちゃんは元気そうです。(2017年3月時点)良かった。焼肉屋やバレンタインデーの時には笑顔が写って…

  4. 細胞の移植も対処療法ですがうまくいけば「薬剤」も「リハビリ」も不必要

    パーキンソン病は神経難病の1つです。残念ながら現在のパーキンソン病のすべての治療法は症状を抑えるための「対症療法」です。「震え」がひどい場合…

  5. パーキンソン病やレビー小体病にも免疫療法が少しずつ進んでいます. アルツハイマー病の状況とは違うので…

    アルツハイマー病では、抗体医薬「アデュカヌマブ」が臨床試験の最終段階に進んでいます。一方、パーキンソン病やレビー小体病では、抗体医薬は臨床試…

  6. スーパームーンの引力はハンパない! 冷え症の人は自律神経や足腰の冷えに注意

    スーパームーンとは、月が最も地球に近づいたときに満月になる現象です。今年も大きなスーパームーンがやってきます。2019年2月19日から20日…

  7. オートファジーを活性化させ「うつ」や自律神経失調症、認知症、パーキンソン病、レビー小体病を改善

    医学生理学賞の「単独」受賞は驚きました。オートファジーはいまや病気から生理的役割まで幅広く関わっています。ノーベル賞の受賞は時間の問題で…

  8. 自律神経失調症はどうしておこる? 原因がわかれば改善できる

    パーキンソン病やレビー小体型認知症の患者さんでは神経細胞にあるタンパク質(アルファーシヌクレイン)がたまり始めます。「自律神…

  9. 認知症の原因は脳の神経細胞が減るからではなく・・・邪魔されるから。

    認知症の原因とオートファジーによる治療についてです。最も初期におこっている病態は「ある分子」が蓄積しはじめ、神経細胞の伝達を邪魔するからです…

  10. 日本人の腸内フローラを整えるには、ヨーグルトではなく、コメ由来のマイグルト。

    私たちのおなかの中「腸」にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。「いつも清潔にしているから細菌なんていないよ。鼻くそも食べなくなったし…

PAGE TOP