アルツハイマー病

  1. アルツハイマー病でも[認知症]がでるとは限らない. おすすめの著書

    認知症は誰でもかかる病気です。例えば認知症の検査で有名な長谷川和夫さん。長谷川式認知症検査を考案した方です。また長谷川さんは…

  2. アデュカヌマブの2つの問題点. [これまでの不可能を一新した技術とは?]

    2019年にはスイスのロシュやノバルティスでもアルツハイマー病に対する治験が中止されています。バイオジェンとエーザイのアデュカヌマブ…

  3. 日本酒のチロソールも認知症に効果? [名古屋での経験]

    チロソールという植物由来成分が脳のごみである「老人斑」を減少させ記憶を改善する効果があると2019年6月に報告されました。チロソールとは…

  4. トレハロースと運動を組み合わせて脳への影響を見た.

    アルツハイマー病をはじめ認知症をおこす病態の一つとして全身の新陳代謝が低下しています。特に脳の新陳代謝が落ちていることから異常な物質もた…

  5. 認知症の進行を止める3つの方針を真剣に考えた.

    認知症の治療法についてです。特にアルツハイマー病です。現在日本では4つの薬剤が承認されています。さらにアミロイドβを標的とした抗…

  6. タキシフォリンを含む食べ物は? [イチゴとブドウが認知症の予防?]

    ポリフェノールといえばブドウやワインが有名です。今回はポリフェノールの一種が「認知症に効果あり」という最新の研究結果の紹介です。…

  7. がんを引き起こす原因はわかっている. [慢性炎症はのっていないけど…]

    ガンや神経変性の病気を確実に引き起こす原因はわかっています。例えば肺がんでは喫煙や受動喫煙は確実に肺がんのリスクを上げます。…

  8. 女性の脳は急激に萎縮する. 防ぐ方法は?

    2019年から6年後の2025年には認知症の方が700万に日本にいるだろうと厚生労働省は予想しています。特に女性は男性と比べて…

  9. 幹細胞治療は脊髄損傷以外の病気でも治験は進んでいるの?

    間葉系幹細胞 (以下幹細胞) は、いってみれば細胞の赤ちゃんです。いろいろな細胞に将来なれる可能性を秘めています。実際に幹細…

  10. レビー小体病で糖質制限は効果ある?

    レビー小体病に糖質制限が効くかといわれればメタボ気味の人には効果はあるでしょう。そう、かなり限定的です。むしろレビー小体病などの…

PAGE TOP