ユーグレナのように独自の技術を生かした解決法. [いまの子供が認知症世代になる前に]

ミドリムシという
植物と動物の間のような生き物がいます。
光から(光合成で)栄養を作ることができ、
自由に動くことができます。
ハイブリットな生き物ともいえます。

最近ミドリムシを商品化している会社があります。
虫と言うと何やら昆虫を食べているようですが
ミドリムシは虫と言うよりは
海藻の種類になります。

沖縄県石垣島の自然の中で育てられた
ミドリムシ(ユーグレナ)は直接食べることもできます。

最近、
ミドリムシを食べると
認知症を防ぐこともわかってきました。

今回の臨床試験では、
ユーグレナ粉末の継続摂取が
脳の状態とそれに由来する健康課題に
どのように影響するかを確認すべく、
年齢が50歳以上70歳未満の健康上問題のない
閉経後の女性62人を対象に、
朝昼夕食後の1日3回1 gずつ、
ユーグレナ粉末
もしくはユーグレナの含まれていないプラセボ粉末を
24週間継続摂取してもらい、
摂取前および摂取開始後
24週目までの期間中に、
①血液検査、
②脳と身体の動き(認知機能)に関するテスト、
③心理的な健康状態等に関する質疑を行いました。
なお、試験は二重盲検プラセボ対照比較試験*3で実施しました。

ユーグレナの認知機能に関する研究



ミドリムシで車も走る

さらに
ミドリムシのつくる燃料で車を走らせたり
飛行機を伸ばす予定をしています。

実際に
横浜市では環境に配慮して
川崎、鶴見の路線バスで
バイオ燃料として
ミドリムシのつくるエタノールをつかって走る
バスやトラックを採用すると発表しました。
2019年7月

また
株式会社ユーグレナでは
ミドリムシ入りクッキーを
バングラデシュで無料で配ったりしています。



会社の理念は大切

全ての活動は
もちろん会社なので利益を求める必要はあります。

大きな目標としては
将来の大人
つまり
現在の子供たちのためです。
とても素晴らしい理念です。

ユーグレナのサイトには
子供たちが語る大人たちへのメッセージ動画が出ていました。

ユーグレナ

私は
現在
光る虫を作り
認知症に効果がある分子を探しています。

認知症の薬や予防は
必ず必要ですが、
だれも実現できていません。

これは現在の大人のためです。
そして少し先の現在の子供のためでもあります。

認知症の危険のある人や
認知症のひとを少しでもへやすことができれば
と思っています。

ユーグレナの会社とは規模が全く違いますが
みんなが困っている問題を解決できればいいな。

みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
「こころと脳のはなし」 「甘いけど体に良いものはある?」 「発酵食ってどうして身体にいいの?」 など 随時お話ししています。 お仕事の依頼などはお気軽に コンタクトから!
PAGE TOP