最終更新日: 2019.06.19

発酵食品の代謝産物が慢性炎症を抑える. [ポストマイクロバイオーム]

玄米の米ぬかには
腸の過剰な炎症を緩和することがわかっています。

今回、
腸内細菌学会で
慶応大学の人が
さらに詳細な検討をしていました。

米ぬか成分を
いくつかの成分に分け
ネズミ(大腸炎のモデルマウス)に投与していました。

その結果
やはり
米ぬかが
腸の炎症を有意に抑えていました。

さらに
米ぬかを与えたネズミの糞便を移植すると
その移植先のネズミの炎症も抑えられました。

つまり
腸内細菌の働きが
この炎症抑制には関わっている
ことが想定できます。



なにが炎症をおさえているの?

そこで
メタボロームの解析を行った結果
クロストリジウム目の細菌群の中で
分泌された
「トリプトファン代謝物質」
抗炎症作用を強く発揮していることがわかりました。

そこで
このトリプトファン代謝物質を同定し、
特許出願もしているらしいです。



トリプトファン代謝産物の行方

この代謝物質が
腸管上皮細胞のAhRという受容体に結合することで
大腸炎を抑制しているようです。

インドール酢酸やキヌレニンなどが
このメカニズムと同様に
抗炎症作用をしめすことは報告されているとのことです。

もう少し勉強して
追記します。



ポストマイクロバイオームという新領域

米ぬかを食べることで
腸内細菌の分泌する物質が
宿主の恒常性維持に関わっているということが
また1つわかりました。

このような研究を
腸内細菌の分泌する物質なので
「ポストマイクロバイオーム」というらしいです。

「ポスト」というのは
「後の」という意味です。

今回の腸内細菌学会では
いろいろな意味で
勉強になりました。



みそしるが出ていれば
一押しお願いします。


人気ブログランキング

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP