腸を鍛える2つの利点. [免疫系もこころも安定]

「免疫」は腸内環境に
大きく左右されます。

これは
以前から
経験的に知られていました。

お腹が痛いと
なにもやる気が起きません。
すると
抗体の産生能力も落ちます。

実験レベルでは
ばい菌を認識できないネズミでは
ガン免疫が十分育たず
ガンを身体から排除することができません。

さらに
腸内細菌は行動や心にも
影響を及ぼしています

どうやって?



免疫系が弱まると抗がん作用も発揮できない

免疫系に不全があると
抗がん作用をうまく発揮できず

ガンの増殖を許してしまいます。

Nat Med. 2007 (9):1050-9.
Toll-like receptor 4-dependent contribution
of the immune system
to anticancer chemotherapy and radiotherapy.

フランスからの報告です。



ガンのできやすい場所は外部環境に接している臓器

腸や肺、皮膚で
ヒトの免疫系は
常に働いています。

腸は
外部環境や異物と
接する機会が最も多い臓器です。

また
肺がん
食道がん
胃がん
大腸がんなどガンは
外部の環境と接する場所に
比較的できやすい傾向があります。



「腸」は
免疫系の「かなめ」である
と同時に
ガンを認識、排除する
大切な役割も担っています。



腸が心や行動も決めている

ここ数年で
腸の研究はグングンと進んでいます。
解析技術の進歩が大きく寄与しています。

なにしろ
身体を構成する細胞よりも
多くの細胞(細菌)が
腸には住んでいますから
データを解析するだけでも大変です。

ハエの研究ですが、
腸内細菌をいじると
行動が変化するという
面白い報告が2018年に12月にありました。

ヒトでも
同様のメカニズムが
きっとあるだろうと
著者は推測しています。

人間の場合には
腸内細菌の出す物質が
ノルアドレナリン
(ノルエピネフリン)の発現を調節して

交感神経経由で
行動やこころ、神経系に
影響を及ぼすであろうということです。

Nature. 2018;563(7731):402-406.
doi: 10.1038/s41586-018-0634-9.
A gut microbial factor modulates
locomotor behaviour in Drosophila.

腸内細菌による行動への影響(ハエをつかった研究より)



私は
もっと
腸内細菌と
神経系の関連性の知識を深めるために
研究会に参加します。

『腸内細菌と健康
― 消化管を起点とした宿主の恒常性維持―』

日時 2019年6月18日(火)・19日(水)
会場 タワーホール船堀

社会も
腸内環境をもっと広く知ってもらおうと
動いています。

2019年4月17日に
武田薬品工業株式会社
健康をテーマにシアターを
オープンしました。

(表紙画像)

日経ナショナルジオグラフィック社と
協力しています。

第一回は
腸の改善方法や
腸内細菌の役割がテーマです。

約15分ぐらいの映像らしいです。

腸の不思議、
健康的な人にだけいる腸内細菌
などを紹介しているそうです。

見てみたい。

腸を意識すると
こころも身体もイキイキします。

そのためにも
「腸の多様性」をもたらすことです。

どうやったら腸に多様性が生まれるの?

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP