最終更新日: 2019.04.22

がん免疫を長く保つ秘訣は? [10カ月目で5倍の生存率アップ]

免疫療法をしても
効果がない人もいます。

また
効果があったとしても
持続しない人と
何カ月にもわたって
効果が持続する人がいます。

この違いは何でしょう?

もし
免疫療法を受ける前に
効果のあるなし

効果の持続期間がわかっていれば
すごく良い!

では何が
免疫療法の効果に
影響するのでしょうか?



免疫療法の効果に影響するのはなに?

今回の検討から
筋肉量が
ガン免疫療法に影響
を及ぼしていました。

CTにて
L3レベルの腸腰筋断面積(cm2)÷身長2. (m2)から
Psoas muscle mass index(以下、PMIと略)
(cm2/m2). を計算し、
筋肉量を出しています。

このあたりは
わたしはさっぱり
わかりませんが
簡単にいうと
腰骨あたりの筋肉量
数値化しています。

図はL3レベルの骨格筋量

筋肉量は
年とともに低下
しています。

表は以下文献より引用

Nutrition. 2016; 32(11-12):1200-5.
doi: 10.1016/j.nut.2016.04.003. 2016
Proposal for new diagnostic criteria for low skeletal muscle mass
 based on computed tomography imaging in Asian adults.



腰部の筋肉量がおおいと効果が高い

この調査では
オプジーボや
キイトルーダの投与を受けた
非小細胞肺がんの患者
42人を対象にしました。

アジア人の平均的な筋肉量と比較しました。

そして
筋肉量が多いグループと
少ないグループに分け、
免疫応答を調べました。

Sci Rep. 2019 Feb 21;9(1):2447. doi: 10.1038/s41598-019-39120-6.
Impact of sarcopenia in patients with advanced non-small cell lung cancer
treated with PD-1 inhibitors:
A preliminary retrospective study.

結果から
サルコペニアがあると
免疫反応が弱い上に
効果が持続しない
ということです。

サルコペニアって何?



なぜサルコペニアだとガン免疫反応が弱いのか?

具体的には
10カ月目の
生存曲線でみると
サルコペニアがある人は10%の生存率
一方、
サルコペニアがない人は
50%の生存率
です。

約5倍も生存率がちがう!

サルコペニアを引き起こす原因として
慢性炎症が
考えられています

そのため
慢性炎症が
免疫反応を阻害している可能性もあります。

特に
インターロイキンなどの
サイトカインがありすぎると
T細胞が疲労してしまい
本来の力を
発揮できないと考えられています。

実際に
チェックポイント阻害剤と
同時に
インターロイキン6の阻害を行うと
抗ガン作用は倍増することが報告されています。

慢性炎症が神経難病の根本原因だった



なぜ筋肉量が多いと免疫療法が効くの?

サルコペニアを起こす原因が
免疫反応を抑制してしまうのに
対して
筋肉があると
筋肉から分泌される
マイオカイン
PPARgamma 調節因子 (PGC1-alpha)などが
免疫を活性化することが知られています。

私個人的には
これらの筋肉から分泌される
マイトカインなどに加えて
体温も関係しているのでは
と思っています。



筋肉と免疫との関係は?

免疫機能は
体温が高ければ
活性を高く保つことができます。

筋肉の多い人は体温を
高く保つことができるため
免疫系もスムーズ働いているのではないか
と思っています。

体温を高めるためには
腸を健全に保つ.

簡単言うと
腸内細菌に多様性を持たせることが
大切です。

そのためには
日常から
ビフィズス菌や納豆菌などを取り入れ
さらに
腸内細菌の餌となる
食物繊維やオリゴ糖など
天然のものを
よく摂取することだと思います。

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
「こころと脳のはなし」 「甘いけど体に良いものはある?」 「発酵食ってどうして身体にいいの?」 など 随時お話ししています。 お仕事の依頼などはお気軽に コンタクトから!
PAGE TOP