和菓子は血糖値上昇を抑える? [つぶあん と こしあんで1.8倍の違い]

どのような人が
将来
認知症になりやすいの
でしょうか?

この答えを得るためには
長い年月にわたって
日本人の特定の集団を
調査し続ける必要があります。

ありがたいことに
九州大学で
福岡県久山町の方を対象に
調査が行われ
この疑問に対する
答えが出ています。



疫学的な日本人の調査結果から

1000人以上の方を
50年にわたって追跡
し、
さらに
頭部CTやMRIを行います。

そして
最終的に亡くなった方の
80%の方の剖検を行い
脳を再評価しています。

これほどの研究は
世界でも少なく
貴重なデータです。

では
最初の疑問にもどって

認知症になりやすかった人は
糖代謝異常のあった方たちでした。

つまり
糖尿病およびその予備群の人
Neurology 77 1126 (2011)



もっと具体的には

ここで大切なのは
食後2時間まで
血糖値が
ズルズルと高かった人達
です。

糖代謝異常の人は
脳血管性を原因とした
認知症にもなりやすいです。
Neurology 77 1126 (2011)

さらに高血圧も
脳血管性の認知症になりやすい。
Neurology 77 1126 (2011)

ちなみに高血圧は
アルツハイマー病のなりやすさとは
あまり関係がありません。



認知症予備軍の方のできることは?

では認知症予備軍の方は
どうしたらいいのか?

糖尿病の人や
高血圧の方はどうしたらいいのか?

一つには
自分のリズムを知ることです。

自分の身体を
見える化する
ことです。

そのためには
血圧測定や
食後の血糖値測定を
定期的におこなう。
すると
自然と
自分のリズムがわかります。

結果として
認知症の予防にもつながります。



食後高血糖だった私の実体験

私の場合には
食後(2時間)の
血糖値114(mg/dl)で
検査では
ひっかかったことがありません。

でも
実は
食後1時間だと220もありました。
約2年前のことです。

かくれ
食後高血糖で
このままいくと
食後高血糖グループに入る予定でした。

そこで
日々、
食後の
血糖値を測定して
どんな食材が血糖値をバンバンに
あげるのかを
自分の身体を通して
調べました。

その結果、
やはり
スウィーツ系全般が
原因でした。

カステラは
少量でも
200を超えます。

意外と
大豆系のお菓子は
血糖値 約150でした。



和菓子なら大丈夫?

和菓子は身体に
やさしいのかもと思い
試しに
つぶあん好きの私が
こしあんを食べたところ
食後1時間の
血糖値は190でした。

翌日
同じ量の
つぶあんを食べ
食後1時間の血糖値は
150。

こしあんだと約90の上昇
に対して
つぶあんだと50の上昇でした。

和菓子全般が
身体にやさしいのではなく
精製された糖質を使っている
スウィーツは
どれも
血糖値を急激に上げます。

一方、
大豆のスウィーツでも
つぶあんなどの
形状を残しているものは
消化に少しだけ
時間がかかるのでしょう。

身体は正直ですね。

今では
スウィーツ自体の
量を減らして
干しイモや
甘酒や
乾燥レーズンなどを食べています。

すると
食後1時間でも
200を超えることはなくなりました。



まとめとして

自分の身体の
カーナビをセットしましょう。

スピードメータ
(血糖値や血圧の現状)をみつつ、
カーナビ(理想とする身体)
をセットすることから
始めましょう。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ


人気ブログランキング

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP