天然糖 自然糖 とは?

天然・自然にはたくさんの糖質があります。
植物は光と水だけ
糖質を作り出します。

人間を含め
動物は糖質を光から作り出すことができません。

そのため、
すべて
動物は植物のおかげで
生きていけるのです。



植物が糖質を作りだすのはどうして?

植物も甘いものが好きだから?

好きかもしれないけど
もっと
大切な理由があります。

生きていくために糖質が必要だからです。

2つの意味で
糖質は大切です。

エネルギー貯蔵のため
そして
厳しい環境に耐えるためです。

直物は生きていくために
エネルギーとして
ブドウ糖を作ります。

しかし
ブドウ糖は長期間保存する分子としては
適していません。

そこで
デンプンとして
または
果糖として(など)保存します。

そして
万が一
栄養が摂れなくなった場合には
貯蔵した糖を分解して
エネルギーとして利用します。

さらに
寒さなどが厳しい場合には
糖質が多いと
組織のダメージをやわらげてくれます。

糖質が
植物の身体を守ってくれるのです。



自然の糖質は何種類あるの?

数えきれ愛ほど無数にあります。

これ以上分解できない
「単糖」だけでも
60種類以上あります。

それぞれの丸の大きさは
存在している量を示しています。

単糖同士がつながった2糖として
砂糖
乳糖
麦芽糖などがあります。

〇 砂糖は何から作られるの?

〇 天然糖の甘さ比較 甘味度

それぞれの糖質に
性質(個性)があり、
生理活性がかわってきます。

砂糖は
摂取すると速やかに分解されて
ブドウ糖ができます。

そして
腸から吸収され
スグに血糖値を上げ始めます。

一方
麦芽糖やトレハロースからも
吸収されたのちに
ブドウ糖ができます。

しかし、
砂糖と比べると
分解が遅く
その分
血糖値の上昇が遅くなります。

また
3糖や4糖もありますが、
まとめて
オリゴ糖・多糖といっています。

オリゴ糖・多糖と
一口にいっても
性質はまったく違うことは想像できるでしょう!

「おっぱい以外 知らないからなー」

ちなみに
おっぱいの甘味は「乳糖」で
これは 2糖です。
身体に吸収されると分解されて
ブドウ糖とガラクトースという単糖に分かれます。
乳糖はだいたい砂糖の半分の甘味です。

甘味度とは?


摂りたいのは自然の糖・天然の糖

ここで
身体のことを考えるます。

単糖は吸収が比較的早い為、
美味しいと感じるスピードも速いのです。

しかし
この即効性が
やみつきになり
またほしくなってしまいます。

脳がその「おいしさ」をまた
求めてしまうのです。

昔は甘いものは簡単には
手に入らなかったため、
たまに、
適量、
ほどほどであれば
甘いものはまったく問題ありません。

しかし
現代では
この急激な甘さが
一日に何度も起き、
身体が悲鳴を上げています。

その反動として
徐々に
身体は
少々の糖質が入ってきても
慣れてしまって
反応しなくなります。

ここからが
生活習慣病の始まりです。

そこで
摂りたいのは
できれば
身体に急激な反応がおきないタイプの糖質です。

オリゴ糖や多糖です。

具体的には
水あめはちみつ
テンサイ糖
キビ糖
などをお薦めします。

また
このサイトでは
甘酒が一押しです。

甘酒は手作りにかぎります。
簡単ですから。

amazake

おすすめ記事

PAGE TOP