経験

  1. デキストリンは赤ちゃんが食べても安全なの?

    デキストリンは「難消化デキストリン」とも言います。添加物としてよく見かけます。デキストリンはどうやって作られているの?デキストリンは昔から使…

  2. 食物繊維は糖質の仲間. 不足すると慢性炎症の原因か?

    いきなりですが、スイマセンでした。いつも認知症を予防するには、また腸内環境を良くするには、3つの食材。天然糖質食物繊維…

  3. 酒粕ペーストなら妊婦さんでも大丈夫. [葉酸がたっぷり]

    酒粕が肌にいいのは実感しています。肌のツヤツヤ効果は酒粕をいろいろな料理に入れ始めて1ヶ月ぐらいで気づいたので以前記事にしました。酒…

  4. 酒粕のおすすめは純米酒由来. [醸造アルコールなし]

    酒粕の新たな発見です!これまで「酒粕」と一言で片づけていたのですが間違いでした。酒粕には美肌効果や腸内環境を整える効果がある。…

  5. 糖化 AGEを防ぐ食べ方のコツ. [糖質がカギ]

    糖化ストレス研究会に参加してきました。糖化とは糖質がネチャネチャと分子にくっつくことです。くっつかれた分子をAGE(Advanced G…

  6. スタバ フラペチーノの 糖質 として砂糖以外に入っていたもの.

    2018年12月5日から発売されたピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ。美味しそうですが、糖分も多そう。フラペチーノのカロリー情…

  7. イソチオシアネート の抗がん効果をたっぷり含む食べ方は

    イソチオシアネートは複数のガン誘発モデルを使って抗ガン作用が調べられています。その結果イソチオシアネートは優れた抗がん作用を発揮すること…

  8. 妊娠中は イワシ缶を選ぶと安全. サバ缶より安心な理由は.

    青魚の油が赤ちゃんの発達に良いと聞いたけど、妊婦さんや妊娠中(初期)にサバ缶、イワシ缶は大丈夫でしょうか?結論からサバ缶よりもイワシ…

  9. 末期がん の治る確率を高める 3つの選択肢. [海外も視野に入れる]

    末期のガンでは「ガン治療の選択肢がもうない。」「適応可能な抗がん剤が効かなくなった。」という状況になります。その場合には高額な免疫療法か…

  10. 手足に力が入らない原因は不明. しかし長生きはできる.

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)は現在も難病中の難病といわれ、治療法もありません。しかしなかにはまるで病態がストップしたかのように進…

PAGE TOP