対処方法

  1. 幹細胞治療は脊髄損傷以外の病気でも治験は進んでいるの?

    間葉系幹細胞 (以下幹細胞) は、いってみれば細胞の赤ちゃんです。いろいろな細胞に将来なれる可能性を秘めています。実際に幹細…

  2. 光免疫療法が効かなくなったら併用治療.

    光免疫療法を開発した小林久隆さんの苦労や情熱をまとめています。わかりやすかったです。週刊ゲンダイ光免疫療法https://gen…

  3. リコード法と腸内細菌. [認知症を防ぐには自然の糖質を利用する].

    腸内細菌のある種類が少ないと認知症になりやすいという研究報告がでました。バクテロイデスです。昨日のガン縮小効果を持っていた腸内細菌も…

  4. ガン縮小効果をもつオリゴ糖好き腸内細菌11種類が見つかる. [腫瘍の大きさを半分以下に]

    11種類の腸内細菌が力をあわせて抗がん効果を示すことがわかりました。将来的に腸内細菌を調節することにより病気が治る可能性があります。…

  5. がん抑制効果を自然に上げる3つの方法.

    ガン免疫療法は効果的なのですが欠点があります。1つには値段が高価なこと。もう一つは長期間使うと効果がだんだんなくなってく…

  6. [薬を飲み忘れる]はどうしたらいいの? みんなの知恵を共有しよう

    認知症の症状は様々です。妄想、幻覚、物忘れ。これらにどう対処したらよいか?介護している方たちの知恵を共有するサイトの紹介です。結果は…

  7. 甘酒に含まれる エルゴチオネインは ビタミンをはるかにしのぐ抗酸化作用.

    細胞ががん化する第一段階に酸化ストレス(活性酸素)が関わっています。実際に日光浴をよくする白人の方ではUV(ウルトラバイオレット)が皮膚…

  8. 甘酒を赤ちゃんの離乳食として与える時に気を付けることは? [成分]

    お正月で甘酒を飲む機会も多いでしょう。甘酒といってもアルコールが入っているとは限りません。甘酒の栄養成分からみると美味しいだけでなく…

  9. デキストリンは赤ちゃんが食べても安全なの?

    デキストリンは「難消化デキストリン」とも言います。添加物としてよく見かけます。デキストリンはどうやって作られているの?デキストリンは昔から使…

  10. 食物繊維は糖質の仲間. 不足すると慢性炎症の原因か?

    いきなりですが、スイマセンでした。いつも認知症を予防するには、また腸内環境を良くするには、3つの食材。天然糖質食物繊維…

PAGE TOP