原因

  1. 赤ちゃんのためにも発酵食品. 味噌汁なら何杯飲めば良い?

    妊娠を望んで方や妊婦さんに朗報です。早期の早産(34週未満)のリスクを減らすには発酵食品です。特に味噌汁は週一回で効果があります。…

  2. 発がん物質のできやすい食べ合わせ [赤ちゃん子供はもちろんダメ].

    2019年5月のヤフーニュースで「女医がキムチや漬物を食べない理由」というのが気になり読みました。私は日ごろからガンや認知症予防…

  3. ドーパミンが少なくなると表情も少なくなる. [認知症の予防につなげるには]

    認知症の人やパーキンソン病の人の特徴として「顔の表情が乏しい」というのがあります。特にパーキンソン病の人では顕著で、仮面様顔貌といい…

  4. 皮膚の慢性炎症は食生活で改善できる[できた!]. 糖質が原因だった件

    パーキンソン病やレビー小体型認知症の患者さんでは脳神経系の不全だけではなく、皮膚にも影響があります。発汗異常や「かゆみ」です。また…

  5. イブプロフェンにより慢性炎症を抑えるとパーキンソン病症状が緩和する

    炎症を抑えるとパーキンソン病の症状が良くなるこれは約30年前から言われていることです。炎症はこれまで細胞が死滅したり異物が侵入し…

  6. はしかは子供だけじゃない. 大人でも [ある世代] はかかりやすい.

    成田空港で働く男性がはしかに感染していました。はしかは飛沫感染で広がり、感染力が強いです。インフルエンザウイルスの10倍。しかも…

  7. 女性の脳は急激に萎縮する. 防ぐ方法は?

    2019年から6年後の2025年には認知症の方が700万に日本にいるだろうと厚生労働省は予想しています。特に女性は男性と比べて…

  8. がん免疫を長く保つ秘訣は? [10カ月目で5倍の生存率アップ]

    免疫療法をしても効果がない人もいます。また効果があったとしても持続しない人と何カ月にもわたって効果が持続する人がいます。この…

  9. トレハロースのガンや神経難病への影響 [糖の多様性を生かす].

    今日から2日で終わる実験です。ガン細胞にいくつかの糖質をふりかけて細胞の形態変化を見ています。麦芽糖トレハロース砂糖…

  10. 糖質制限と寄生虫ダイエットを併用すればスッキリ痩せる?

    20世紀最高のソプラノ歌手といわれていたアメリカのマリア・カラスさんは糖質制限ダイエットに加えてサナダムシを使ったとうわさされています。…

PAGE TOP