レビー小体型認知症

  1. 糖質と運動を組み合わせると脳では予期しないことが起こっていた.

    大学院生が頑張ってくれた論文がアメリカのNIHの論文収録サイト (通称パブメド)に今日のりました。トレハロースと運動を組み合わせ脳への影響を…

  2. トレハロースのガンや神経難病への影響 [糖の多様性を生かす].

    今日から2日で終わる実験です。ガン細胞にいくつかの糖質をふりかけて細胞の形態変化を見ています。麦芽糖トレハロース砂糖…

  3. 幹細胞治療は脊髄損傷以外の病気でも治験は進んでいるの?

    間葉系幹細胞 (以下幹細胞) は、いってみれば細胞の赤ちゃんです。いろいろな細胞に将来なれる可能性を秘めています。実際に幹細…

  4. 低血糖ではないめまいが続く方へ. 神経系の病気かも.

    一カ月前に私は突然朝起きるとめまいでフラフラしていました。がんばって職場に行ったのですが、めまいが強くて気持ち悪くなり病院で…

  5. レビー小体病で糖質制限は効果ある?

    レビー小体病に糖質制限が効くかといわれればメタボ気味の人には効果はあるでしょう。そう、かなり限定的です。むしろレビー小体病などの…

  6. 子供の時からインスタントラーメンを食べる. 消費量一位の県の結末は?

    認知症・ガンもふくめ病気と生活の習慣は密接に関係しています。日本で一番の短命県をみればどういった生活スタイルが病気になりやすいか「原…

  7. マンニトール と ソルビトールは違うの? ソルビットとの関係は?

    マンニトールもソルビトールもソルビットも糖アルコールの一種です。ソルビトールは食品添加物としてよく見かけます。一方、マンニトールは…

  8. 見えないものがみえる病気.

    パレイドリアとは日常見慣れているものや風景が顔に見えてくる生理現象です。一方、幻視とはまったくないものや見えないものが見えてくる…

  9. 脳の老化 を防ぐ 意外な 方法

    記憶力の低下がすぐに認知症ではありません。逆に認知症のかたは確実に記憶力が衰えていきます。脳が老化するのです。原因は…

  10. なぜ 古い油 が 認知症 を進ませるのか.

    パーキンソン病やレビー小体型認知症の病因に、「不飽和脂肪酸の代謝」が関わっていることが2018年5月に報告されました。脂質の異常…

PAGE TOP