パーキンソン病

  1. 細胞の移植も対処療法ですがうまくいけば「薬剤」も「リハビリ」も不必要

    パーキンソン病は神経難病の1つです。残念ながら現在のパーキンソン病のすべての治療法は症状を抑えるための「対症療法」です。「震え」がひどい場合…

  2. パーキンソン病やレビー小体病にも免疫療法が少しずつ進んでいます. アルツハイマー病の状況とは違うので…

    アルツハイマー病では、抗体医薬「アデュカヌマブ」が臨床試験の最終段階に進んでいます。一方、パーキンソン病やレビー小体病では、抗体医薬は臨床試…

  3. スーパームーンの引力はハンパない! 冷え症の人は自律神経や足腰の冷えに注意

    スーパームーンとは、月が最も地球に近づいたときに満月になる現象です。今年は2016年11月14日です。月の暦を見ると、夜の22時52分頃最大になりま…

  4. オートファジーを活性化させ「うつ」や自律神経失調症、認知症、パーキンソン病、レビー小体病を改善

    医学生理学賞の「単独」受賞は驚きました。オートファジーはいまや病気から生理的役割まで幅広く関わっています。ノーベル賞の受賞は時間の問題で…

  5. 自律神経失調症はどうしておこる? 原因がわかれば改善できる

    パーキンソン病やレビー小体型認知症の患者さんでは神経細胞にあるタンパク質(アルファーシヌクレイン)がたまり始めます。「自律神…

PAGE TOP