パーキンソン病

  1. 細胞の移植も対処療法ですがうまくいけば「薬剤」も「リハビリ」も不必要

    パーキンソン病は神経難病の1つです。残念ながら現在のパーキンソン病のすべての治療法は症状を抑えるための「対症療法」です。「震え」がひどい場合…

  2. パーキンソン病やレビー小体病にも免疫療法が少しずつ進んでいます. アルツハイマー病の状況とは違うので…

    アルツハイマー病では、抗体医薬「アデュカヌマブ」が臨床試験の最終段階に進んでいます。一方、パーキンソン病やレビー小体病では、抗体医薬は臨床試…

  3. スーパームーンの引力はハンパない! 冷え症の人は自律神経や足腰の冷えに注意

    スーパームーンとは、月が最も地球に近づいたときに満月になる現象です。今年も大きなスーパームーンがやってきます。2019年2月19日から20日…

  4. オートファジーを活性化させ「うつ」や自律神経失調症、認知症、パーキンソン病、レビー小体病を改善

    医学生理学賞の「単独」受賞は驚きました。オートファジーはいまや病気から生理的役割まで幅広く関わっています。ノーベル賞の受賞は時間の問題で…

  5. 自律神経失調症はどうしておこる? 原因がわかれば改善できる

    パーキンソン病やレビー小体型認知症の患者さんでは神経細胞にあるタンパク質(アルファーシヌクレイン)がたまり始めます。「自律神…

  6. 認知症の原因は脳の神経細胞が減るからではなく・・・邪魔されるから。

    認知症の原因とオートファジーによる治療についてです。最も初期におこっている病態は「ある分子」が蓄積しはじめ、神経細胞の伝達を邪魔するからです…

  7. 日本人の腸内フローラを整えるには、ヨーグルトではなく、コメ由来のマイグルト。

    私たちのおなかの中「腸」にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。「私はいつも清潔にしているから細菌なんていないわ。」サザエさん…

  8. 手が震えて字が書けない病気

    パーキンソン病患者さんの63%の方では震え(震戦)により、字が書きにくい「小字症」がでてきます。そこで開発されたのが、震えて…

  9. パーキンソン病とノルアドレナリンとアドレナリン 自律神経失調症との関係は?

    自律神経は常に身体の反応を滞りなく司ってくれています。今、息し忘れてた!とか心臓動かすの忘れてた!なんてことにはならないありがたい存…

  10. 神経難病の 情報 を知ることから得られる大きな効果

    この記事は2017年7月11日に更新されました。認知症やレビー小体病多系統萎縮症、うつや自律神経失調症などに関して多くの情報を得たとしても…

PAGE TOP