アルツハイマー病

  1. 認知症の新薬アデュカヌマブと治験の可能性

    2017年11月17日に治験情報を追記しました)アルツハイマー病の薬剤開発が世界中で進んでいます。その中でももっとも期待されているのがバ…

  2. 認知症を自己治癒力でなおすことができるか?先端の研究と天然成分の融合

    認知症の治療法についてです。認知症を引き起こす病態の一つ「神経変性」。なかでもアルツハイマー病に絞ります。少なくとも日本では250万人が…

  3. 認知症の原因は脳の神経細胞が減るからではなく・・・邪魔されるから。

    認知症の原因とオートファジーによる治療についてです。最も初期におこっている病態は「ある分子」が蓄積しはじめ、神経細胞の伝達を邪魔するからです…

  4. 志摩サミットにイケメンがくる。彼は日本料理にワクワク期待しているはず。

    伊勢志摩サミットG7の参加者の中で最も若いのがカナダのジャスティン・トルドー首相(44歳)(Justin Pierre James Trud…

  5. サミットをきっかけにして世界の認知症対策を!どうやって?日本の伝統食のこれでしょ!

    世界中に4700万人ほどのアルツハイマー病患者さんがいます。「世界アルツハイマー病 レポート 2015」より。しかもその数はぐんぐんと増…

  6. 納豆のレシチンを認知症予防に生かそう。秘訣は納豆菌の生命力にあった

    2017年7月18日にこの記事は更新されました。認知症を予防する食事とは年とともにご飯の量を減らすこと。お腹がすくので4つの種類の食べ物…

  7. 日常から4つの品目をたべていた人はアルツハイマー病になりにくい

    日常から4つの品目を食べていた人はアルツハイマー病になりにくい。こういった研究では長年のヒトの食生活や認知症の発症程度を追っ…

  8. 日本人の腸内フローラを整えるには、ヨーグルトではなく、コメ由来のマイグルト。

    私たちのおなかの中「腸」にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。「私はいつも清潔にしているから細菌なんていないわ。」サザエさん…

  9. 神経難病の 情報 を知ることから得られる大きな効果

    この記事は2017年7月11日に更新されました。認知症やレビー小体病多系統萎縮症、うつや自律神経失調症などに関して多くの情報を得たとしても…

  10. どんな人が認知症に罹っているでしょうか?

    認知症の原因として多いのは「アルツハイマー病」と「脳血管性認知症」です。これらには危険因子があります。簡単に言えば「どのような人が現…

PAGE TOP