自律神経が活動しているか否か. 体温 を計ってみましょう!


握力が入らない、
両足に力が入らない、
気持ちが落ち込む。

自律神経がうまく働いていないために
このような症状が起こっているのではないか?
自律神経失調症ではないか?

これらの症状を改善するために、
規則正しく生活しているのに治らない。

思い当たるフシはありませんか?
自分で勝手に自律神経がうまく働いていないと
思い込んでいるだけかもしれません。

実際に
自律神経や身体が
ちゃんと働いていることを
確認しましょう。

どうやって?

人の体は朝起きて日中、光をたくさん浴び
そして暗くなるとメラトニンが分泌され
眠くなってきます。
サーカディアンリズムと呼ばれる
リズムを刻んでいます。

自律神経失調症やうつの場合には
このリズムが崩れることがあります。

では体温を測ってみましょう。

body-temparature-measure

まず起きた時の体温を測りましょう。

そして
朝食をしっかり食べて
1時間後ぐらい経ってから、
もう一度体温を測りましょう。

違いはありましたか?
朝食を食べてから体温が上がっていましたか?

食べることで、交感神経を介して
「さー、活動するぞ」という身体のスイッチが入ったのです。

自律神経失調症やうつの方によく
「生活のリズムを整えましょう」と
アドバイスされるのは
結局、身体のリズムも整うからです。

朝食に加えて
ウォーキングや軽い体操なども
交感神経を活性化するため
身体のリズムを整えるのに役立ちます。

大丈夫です。
あなたの自律神経はシッカリと働いています。

体温を目安に
自律神経がちゃんと働いていることを確認できれば
あとは
感謝です。

おすすめ記事

PAGE TOP