光治療は口腔がんでも進んでいる.

堀ちえみさんの
口腔癌(左舌扁平上皮癌)公表の
ブログを読んでいて
泣きそうになりました。

hori-day
https://ameblo.jp/horichiemi-official/

診断までの道のり、
子供たちへの報告、
そして
治療法の選択。

少しでも
堀ちえみさんの
希望につながるようにと
「光免疫療法」の
口腔がんへの研究を調べました。

口腔がんへも
光免疫療法の応用が進んでいます。



光免疫療法とは

光免疫療法とは
ザックリとだけ。
光免疫療法の現状は
以下のサイトをご覧ください。

光で治療する光免疫療法の進展具合

光免疫療法では
2段階でガン細胞をたたきます

一度目は
近赤外線で
ガン細胞をたたきます。

これは
数分から数十分で効果が現れます。

二度目は
この破壊されたガン細胞の断片を
身体の免疫システムが感知して
のこったガン細胞に攻撃をはじめます。

そして
うまくいけば
ガン細胞が絶滅して
完治します。



光免疫療法の口腔がんへの効果

現在、頭頚部ガンに対する
治験が進んでいます。
2017年の論文です。

マウスレベルですが、
研究は行われています。

Mol Cancer Res. 2017
doi: 10.1158/1541-7786.MCR-17-0333.

Syngeneic Mouse Models of Oral Cancer
Are Effectively Targeted
by Anti-CD44-Based NIR-PIT.
「CD44抗体を利用した
光免疫療法による口腔がんへの効果」

まず
口腔がんに対しては
現在治験が行われている方法
と同じ方法では
効果が見込めません

現在の光免疫療法の対象である
頭頚部ガンに対しては
「上皮成長因子受容体」に対する抗体を
用いています。

この部分を
抗CD44抗体におきかえて、
抗CD44抗体を結合させた光感受体
利用します。

あとは
頭頚部ガンと同じ仕組みで
ガン細胞が
破壊されることが期待されます。

論文では
口腔がんマウスモデルを用いています。
効果的に
口腔ガンを標的とできるという趣旨の論文です。



CD44とはなに?

CD44とは
細胞外にでた接着分子です。

なにと接着するかというと
ムコ多糖の一種、ヒアルロン酸などと結合します。

簡単にいうと
CD44を介して
細胞同士がコミュニケーションをとります。

なかでも
ガン細胞表面には
CD44が強く発現しており、
ガンの増殖・転移などに関わっています。

舌がんでも
CD44の発現が認められ、
これが
舌がんの増殖にかかわっていると考えられます。
そこを
光免疫療法ではターゲットとします。

光免疫療法では
抗体を使って
CD44を抑え込むターゲットと
するのではありません。

CD44を目印分子として
そこに抗体を結合させることが目的です。



今日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

「甘酒」か「みそ汁」
どちらか
お好きな方を押していただければ
うれしいです。

甘酒を押すと
ガン関連の方に情報が届きやすくなります。

味噌汁をピコッと押すと
認知症関連の方に情報が届きやすくなります。

甘酒、みそ汁の両方を押してもいいですか?

もちろん
(^-^)
やる気 がでます。

にほんブログ村 病気ブログ がんへ

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP